お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-28 13:10
好まれる視距離の空間解像度による差異
江本正喜菅原正幸NHK
抄録 (和) 従来のTVシステムにおいては,好まれる視距離は空間解像度や映像内容による違いは小さいとされ てきた.しかし,近年研究開発の進んでいるスーパーハイビジョンのような広視角化,高解像度化された将来の映 像システムでは,カメラワークなどの番組制作方法や,視距離を含む観視者の視聴行動が変化する可能性がある. そこで我々は,空間解像度と視距離の関係を検討するため,静止画で構成された番組を2つの異なる空間解像度で 提示し,視距離が異なるかどうかを実験的に検討した.その結果,高空間解像度では視距離が短縮することが明ら かとなった. 
(英) Previous studies have suggested that image resolution and contents have little effect on the preferred viewing distance (PVD) of traditional TV systems. However, in future TV systems such as ultra-high-definition TVs, which are expected to have a wide field of view and high spatial resolution, program production methods may change depending on the specific values of these parameters, and viewer behaviors including PVD may change accordingly. Here we used a program consisting of still images to show that PVD is shorter in the high spatial resolution TV than low spatial resolution TV.
キーワード (和) 視距離 / スーパーハイビジョン / 空間解像度 / 画質 / 4k / 8k / /  
(英) Preferred viewing distance, / Ultra-high-definition TV / Spatial resolution / Image quality / 4k / 8k / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 44, HI2013-59, pp. 1-4, 2013年10月.
資料番号 HI2013-59 
発行日 2013-10-21 (IDY, HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY HI 3DIT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2013-10-28 - 2013-10-28 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Image Technology, Vision and image quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2013-10-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 好まれる視距離の空間解像度による差異 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Difference in preferred viewing distance by spatial resolution of TV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視距離 / Preferred viewing distance,  
キーワード(2)(和/英) スーパーハイビジョン / Ultra-high-definition TV  
キーワード(3)(和/英) 空間解像度 / Spatial resolution  
キーワード(4)(和/英) 画質 / Image quality  
キーワード(5)(和/英) 4k / 4k  
キーワード(6)(和/英) 8k / 8k  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江本 正喜 / Masaki Emoto / エモト マサキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan broadcasting copotration (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 正幸 / Masayuki Sugawara / スガワラ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan broadcasting copotration (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-28 13:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-IDY2013-49,ITE-HI2013-59,ITE-3DIT2013-49 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2013-10-21,ITE-HI-2013-10-21,ITE-3DIT-2013-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会