映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 13:46
Y2O3:Eu3+薄膜におけるカソードルミネッセンス高効率化のためのポストアニーリング条件の検討
守田智勇益田有里子名和靖矩三宅亜紀居波 渉杉田篤史小南裕子川田善正中西洋一郎静岡大
抄録 (和) 私たちは、集光電子ビームによりY2O3:Eu3+薄膜を励起した際に放射されるナノメートル拡がりを持つカソードルミネッセンス光を超解像度顕微鏡のための光源として利用することについて提案している。この論文では電子ビーム蒸着法によって作製したY2O3:Eu3+蛍光体薄膜におけるカソードルミネッセンス量子収率向上のための最適なアニーリング条件について検討した結果について報告する。蛍光体薄膜の膜厚及び加速電圧に対するカソードルミネッセンス強度の依存性についても議論する。更に、作成されたY2O3:Eu3+蛍光体薄膜を用いた超解像度顕微鏡の性能について評価するために、平均粒径100 nmの金ナノ粒子をマッピングした結果についても紹介する。 
(英) We propose cathode luminescence excited in Y2O3:Eu3+ fluorescence thin films as a nanometric light source for super resolution optical microscope. Here, we report post-annealing conditions for improving CL quantum efficiency of Y2O3:Eu3+ thin films prepared by electron-beam evaporation methods. The CL quantum efficiencies were also investigated as functions of film thickness as well as the accelarating voltage. The images of gold nano particles with 100 nm-average diameter was constructed with the super resolution optical microscopes using Y2O3:Eu3+ thin films.
キーワード (和) 光学顕微鏡 / 蛍光体薄膜 / カソードルミネッセンス / Y2O3:Eu3+ / / / /  
(英) Optical microscope / Phosphor thin film / Cathode luminescence / Y2O3:Eu3+ / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 2, IDY2014-3, pp. 9-12, 2014年1月.
資料番号 IDY2014-3 
発行日 2014-01-17 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL IEE-EDD SID-JC  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-25 
開催地(和) 新潟大学 駅南キャンパス 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2014-01-EID-IDY-SSL-EDD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Y2O3:Eu3+薄膜におけるカソードルミネッセンス高効率化のためのポストアニーリング条件の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of the post-annealing condition for Cathode luminescence high efficiency in the Y2O3:Eu3+ thin film 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光学顕微鏡 / Optical microscope  
キーワード(2)(和/英) 蛍光体薄膜 / Phosphor thin film  
キーワード(3)(和/英) カソードルミネッセンス / Cathode luminescence  
キーワード(4)(和/英) Y2O3:Eu3+ / Y2O3:Eu3+  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 守田 智勇 / Chiyu Morita / モリタ チユウ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 益田 有里子 / Yuriko Masuda / マスダ ユリコ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 名和 靖矩 / Yasunori Nawa / ナワ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 亜紀 / Aki Miyake / ミヤケ アキ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 居波 渉 / Wataru Inami / イナミ ワタル
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 篤史 / Atsushi Sugita / スギタ アツシ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 裕子 / Yuko Kominami / コミナミ ユウコ
第7著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 川田 善正 / Yoshimasa Kawata / カワタ ヨシマサ
第8著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 洋一郎 / Yoichiro Nakanishi / ナカニシ ヨウイチロウ
第9著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 13:46:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2014-3 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会