映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-25 09:48
白色LED用リン酸塩蛍光体の合成および特性評価
中川博子金 善旭上松和義石垣 雅戸田健司佐藤峰夫新潟大
抄録 (和) 集光炉を用いたメルト法により新規なEu2+賦活σ-Ba2P2O7蛍光体を合成した.得られた試料はσ-Ba2P2O7が主相で合成でき,近紫外から青色光励起において緑色発光を示した.Eu2+の濃度の最適化を行った結果,(Ba0.97Eu0.03)2P2O7において最大発光強度であった.また,Ba2+サイトにMg2+を固溶させることで発光強度が増大し,発光が長波長側へシフトし黄色発光を示した.さらに,Mg2+を入れることにより単一相で合成されたことから,Mg2+はσ-Ba2P2O7相の安定化にも寄与していると考えられる. 
(英) A novel Eu2+-activated Ba2P2O7 phosphors were synthesized by a melt synthesis technique using arc-imaging furnace. The synthesized phosphors were obtained σ-Ba2P2O7: Eu2+ as a main phase, and exhibited green-emitting under the near-UV light. The highest emission peak intensity was obtained for (Ba0.97Eu0.03)2P2O7. Mg2+-codoped σ-Ba2P2O7:Eu2+phosphor improve emission intensity and showed yellow-emitting. The single-phase structures were successfully synthesized by doping Mg2+. Therefore, Mg2+-doped σ-Ba2P2O7:Eu2+phosphor is suitable for application as a blue phosphor for a near-UV LED based white LED.
キーワード (和) 白色LED / リン酸塩蛍光体 / 黄色発光蛍光体 / 集光炉 / / / /  
(英) White LED / Phosphate phosphor / Yellow-emitteing phosphor / Arc-imaging furnace / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 2, IDY2014-13, pp. 85-88, 2014年1月.
資料番号 IDY2014-13 
発行日 2014-01-17 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL IEE-EDD SID-JC  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-25 
開催地(和) 新潟大学 駅南キャンパス 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2014-01-EID-IDY-SSL-EDD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 白色LED用リン酸塩蛍光体の合成および特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis and Luminescence Property of the Phosphate Phosphor for White LED 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 白色LED / White LED  
キーワード(2)(和/英) リン酸塩蛍光体 / Phosphate phosphor  
キーワード(3)(和/英) 黄色発光蛍光体 / Yellow-emitteing phosphor  
キーワード(4)(和/英) 集光炉 / Arc-imaging furnace  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 博子 / Hiroko Nakagawa / ナカガワ ヒロコ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 善旭 / Sun Woog Kim / キム スンウク
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上松 和義 / Kazuyoshi Uematsu / ウエマツ カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 雅 / Tadashi Ishigaki / イシガキ タダシ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 健司 / Kenji Toda / トダ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 峰夫 / Mineo Sato / サトウ ミネオ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Nigata University (略称: Nigata Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-25 09:48:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2014-13 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.85-88 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会