映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-25 09:00
ソフトケミカルな手法による酸化物発光液晶材料の合成
渡邉美寿貴新潟大)・上松和義金 善旭戸田健司佐藤峰夫新大
抄録 (和) 新規な自発光無機液晶材料,HEu(MoO4)2ナノスクロールは,層状酸化物KEu(MoO4)2を、0.01 M硝酸溶液中,室温で7日間撹拌することで得られた.得られた粉末試料HEu(MoO4)2の蛍光X線測定結果から,K+は検出されず,層間のK+がH+で置き換わっていることがわかった.また,得られた試料の粒子形状は長さ0.5 - 20 μm,直径50 - 400 nmのナノスクロールであり,酸溶液中での撹拌操作のみでナノスクロールを得ることに成功した始めての報告例である.HEu(MoO4)2ナノスクロール粉末においては,励起波長465 nmにおける発光スペクトルで,Eu3+のf-f遷移に起因する発光ピークが確認され,614 nmを中心とする赤色発光を示した.HEu(MoO4)2ナノスクロール粉末を分散させた溶液においては,粉末と同様にEu3+に由来する赤色を示すとともに,クロスニコル下で観察した光学顕微鏡画像から,液晶性を有することが明らかになった.
キーワード 無機液晶,酸化物,蛍光体,ナノスクロール,ソフトケミストリー 
(英) The novel red-emissive nematic inorganic liquid crystal material, HEu(MoO4)2 nanoscroll solution was obtained by the H+-exchange of KEu(MoO4)2 in 0.01 M aqueous HNO3 solution, at room temperature, for 7 days. K+ ion in HEu(MoO4)2 nanoscroll powder was not detected and successfully exchanged with H+ ion. HEu(MoO4)2 gradually rolled up with exfoliating, and eventually was torn to pieces(nanoscrolls). HEu(MoO4)2 nanoscroll solution exhibited red emission under excitation at 465 nm assigned to the f-f transition of Eu3+. Microscope images of the solution under crossed polrizers showed the bright and dark domain with the angle control.
キーワード (和) 無機液晶 / 酸化物 / 蛍光体 / ナノスクロール / ソフトケミストリー / / /  
(英) Inorganic liquid crystal / Oxide material / Phosphor / Nanoscroll / Soft chemistry / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 2, IDY2014-11, pp. 61-64, 2014年1月.
資料番号 IDY2014-11 
発行日 2014-01-17 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL IEE-EDD SID-JC  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-25 
開催地(和) 新潟大学 駅南キャンパス 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2014-01-EID-IDY-SSL-EDD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトケミカルな手法による酸化物発光液晶材料の合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis of emissive oxide liquid crystal material by a soft-chemical process 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無機液晶 / Inorganic liquid crystal  
キーワード(2)(和/英) 酸化物 / Oxide material  
キーワード(3)(和/英) 蛍光体 / Phosphor  
キーワード(4)(和/英) ナノスクロール / Nanoscroll  
キーワード(5)(和/英) ソフトケミストリー / Soft chemistry  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 美寿貴 / Mizuki Watanabe / ワタナベ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上松 和義 / Kazuyoshi Uematsu / ウエマツ カズヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 善旭 / Sun Woog Kim /
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 健司 / Kenji Toda / トダ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 峰夫 / Mineo Sato /
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-25 09:00:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2014-11 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会