お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-30 14:35
Low Complexity Sparse Channel Estimation based on Compressive Sensing for OFDM System
Syouhaku GyuuMinoru OkadaNAIST)・Ziji MaHunan University)・Takeshi HigashinoNAIST
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) is a multi-carrier modulation scheme which has been widely used in wideband digital communication systems. Recently, a novel technique called Compressive Sensing (CS) has been proposed to estimate the Channel State Information (CSI) for OFDM system, which provides an improvement of channel estimation performance even in the double-selective fading channel. However, the high computational complexity of CS restricts its implementation of practical applications. In this paper, a new method using 2-Step CS-based (2-SCS) channel estimation is proposed, which can effectively reduce the computational complexity. The Numerical results demonstrate that the proposed method gives accurate channel estimation performance for OFDM system.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) OFDM / Channel Estimation / Compressive Sensing / Orthogonal Matching Pursuit / Dantzig Selector / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 5, BCT2014-31, pp. 121-124, 2014年1月.
資料番号 BCT2014-31 
発行日 2014-01-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2014-01-29 - 2014-01-30 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬における学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Complexity Sparse Channel Estimation based on Compressive Sensing for OFDM System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / OFDM  
キーワード(2)(和/英) / Channel Estimation  
キーワード(3)(和/英) / Compressive Sensing  
キーワード(4)(和/英) / Orthogonal Matching Pursuit  
キーワード(5)(和/英) / Dantzig Selector  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牛 少博 / Syouhaku Gyuu / ギュウ ショウハク
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬 ズジ / Ziji Ma /
第3著者 所属(和/英) 湖南大学 (略称: 湖南大)
Hunan University (略称: Hunan University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-30 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2014-31 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2014-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会