お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-22 12:30
擬似的不規則画素配置を用いたディスプレイシステムの評価
中村優希秋田純一金沢大
抄録 (和) ディスプレイをはじめとする画像システムは、人間が見たときに「きれい」と感じる画像表現を追求し進歩してきた。特に近年は4K解像度のディスプレイの台頭など、画像システムの高解像度化が著しい。しかし、ディスプレイの高解像度化は消費電力の増大も伴うという問題点を抱えている。そこで著者らは高解像度化とは異なる観点から画像の「きれいさ」を高める手法として擬似的不規則画素配置を提案し、本稿では主観評価実験によって擬似的不規則画素配置を用いたディスプレイシステムを評価した結果を述べる。 
(英) In order that humans feels they are seeing 'clearly7 when they watch images, imaging systems have been developed. Especially, improved resolution of imaging systems is significant as observed for the rise of "4K display". However, the higher resolution displays became, the more power consumption increase. The authors propose the imaging systems with the psudorandomly placed pixel as the method for representing clear images from a different angle. In this paper, it is described that the subjective experiments for evaluation of the display using pseudorandom pixel placement.
キーワード (和) 画像システム / ディスプレイ / 擬似的不規則画素配置 / / / / /  
(英) Imaging Systems / Display / Pseudorandom Pixel Placement / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 9, ME2014-50, pp. 77-80, 2014年2月.
資料番号 ME2014-50 
発行日 2014-02-15 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2014-02-22 - 2014-02-22 
開催地(和) 関東学院大関内メディアセンタ 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2014-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似的不規則画素配置を用いたディスプレイシステムの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the Display System using Pseudorandom Pixel Placement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像システム / Imaging Systems  
キーワード(2)(和/英) ディスプレイ / Display  
キーワード(3)(和/英) 擬似的不規則画素配置 / Pseudorandom Pixel Placement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 優希 / Yuki Nakamura / ナカムラ ユキ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 純一 / Junichi Akita / アキタ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-22 12:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2014-50 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2014-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会