お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-22 12:00
個人差及び撮影条件による変動に頑健な顔特徴の自動抽出手法
杉山公治金子正秀電通大
抄録 (和) コンピュータによる顔特徴の解析や似顔絵作成のためには、実写顔画像から各顔部品の形状を表す特徴点を精度良く抽出する必要がある。顔特徴点の自動抽出に関してはこれまでに数多くの研究が報告されているが、顔特徴の解析や似顔絵の作成に耐える精度で安定して検出できるまでには至っていない。本論文では、特に個人差や撮影条件により抽出精度が左右されやすい髪の毛と目輪郭の誤抽出を減らす頑健な自動抽出手法を提案する。また、従来手法では対応できなかった開いた口に対しても自動抽出可能な手法を提案する。本論文での提案手法により、その人の個性が出る髪の毛と目輪郭を精度良く抽出できるようになり、本人の特徴を明確に捉えた結果が得られた。また、以前は無表情顔だけを対象としていたが、提案手法により口の開閉があっても自動抽出が可能になり、汎用性が高まった。 
(英) Accurate detection of facial feature points is crucial to analyze facial features and to synthesize impressive caricatures by computer. A lot of studies on automatic detection of facial feature points have done until now, however, accurate detection methods which can be used in above-mentioned applications have not been developed yet. This paper firstly proposes automatic extraction methods of hair and eye contours that are robust for an influence by individual differences and shooting conditions. Then, an automatic extraction method of open mouth which could not be properly handled by previous methods is examined. Both open and close mouths are properly processed and even for expressive faces it’s possible to detect contours of upper and lower lips. By applying the proposed methods to various face images, it’s possible to synthesize facial caricatures which reflect the features of individual persons clearly.
キーワード (和) 顔特徴点 / 自動抽出 / 似顔絵 / 髪の毛 / 口輪郭 / / /  
(英) Facial Feature Points / Automatic Extraction / Caricatures / Hair / Mouth Contour / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 9, ME2014-48, pp. 69-72, 2014年2月.
資料番号 ME2014-48 
発行日 2014-02-15 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2014-02-22 - 2014-02-22 
開催地(和) 関東学院大関内メディアセンタ 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2014-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個人差及び撮影条件による変動に頑健な顔特徴の自動抽出手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Extraction of Facial Features Robust for Variations Caused by Individual Differences and Shooting Conditions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顔特徴点 / Facial Feature Points  
キーワード(2)(和/英) 自動抽出 / Automatic Extraction  
キーワード(3)(和/英) 似顔絵 / Caricatures  
キーワード(4)(和/英) 髪の毛 / Hair  
キーワード(5)(和/英) 口輪郭 / Mouth Contour  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 公治 / Koji Sugiyama / スギヤマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正秀 / Masahide Kaneko / カネコ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-22 12:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2014-48 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2014-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会