映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-29 11:10
eラーニングによる学生の染色体・遺伝子解析技術教育システム
小木美恵子・○坂本香織吉澤達也金沢工大
抄録 (和) ヒト染色体解析は,先天異常や出生前診査によって胎児の異常を予見したりする上で非常に重要である.染色体解析は確定診断につながるため,長期的な熟練と豊富な経験をつんだ技術者によって行われている.しかしながら,その技術者の数は少なく,また技術者を養成するには熟練者がマンツーマンで指導する方法が一般に取られている.そこで我々は,ヒトの染色体を並べる自学自習用ソフトを開発し,学生が試行錯誤しながら繰り返し学習できる教育システムを構築した.核型分析を行ったことがない初心者の学生にこの自学自習用ソフトを用いたところ,60回以上の繰り返し学習によりすべての学生の核型分析技術が大幅に向上した. 
(英) It is very important to analyze human chromosomes for the definitive diagnosis, in order to predict congenital abnormality and to prenatally diagnose genetic abnormality of fetuses. This analysis generally has been carried out by well-trained experts with a long-term experience. Since there is a shortage of those experts in the recent clinical field due to the increasing of the diagnosis required chromosomal analyses, it is mandatory to employ more experts. However, it is required that the experts must supervise unskilled trainees to practice to be trained experts despite this circumstance. To increase the number of the experts with a limited time, we therefore developed a new self-training education system for learning the karyotyping skill. This system can improve trainees’ skills with their own paces and levels of the skills without supervising by the experts.
To evaluate this system, here we tested the performance of how beginners can improve their skill by using this system. Results showed that all trainees could improve their karyotyping skills significantly after 60 repeats of the training. This result indicates that this system has a great performance to learn and to improve the karyotyping skill for any beginners.
キーワード (和) eラーニング / 核型分析 / Gバンド / / / / /  
(英) e-Learning / Karyotyping / G-band / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 46, HI2014-77, pp. 65-67, 2014年11月.
資料番号 HI2014-77 
発行日 2014-11-21 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-11-28 - 2014-11-29 
開催地(和) 熊本市国際交流会館 
開催地(英) Kumamoto City International Center 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用,マルチモーダル,感性情報処理,一般 
テーマ(英) Visual and auditory Senses, multi modal processing, Kansei information processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-11-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) eラーニングによる学生の染色体・遺伝子解析技術教育システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of an e-learning system for the karyotyping skill 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) eラーニング / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) 核型分析 / Karyotyping  
キーワード(3)(和/英) Gバンド / G-band  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小木 美恵子 / Mieko Kogi / コギ ミエコ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa INstitute of Technology (略称: K.I.T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 香織 / Kaori Sakamoto / サカモト カオリ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa INstitute of Technology (略称: K.I.T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 達也 / Tatsuya Yoshizawa / ヨシザワ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa INstitute of Technology (略称: K.I.T.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-29 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-77 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.65-67 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-HI-2014-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会