お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-29 09:40
立体映像視聴時における視覚誘導自己運動感覚に起因する重心動揺の特徴解析
杉浦明弘名大/岐阜医療科学大)・田中邦彦若田部 駿松本千佳岐阜医療科学大)・吉川一輝名大)・高田宗樹福井大)・宮尾 克名大
抄録 (和) 人は運動している物体を観察し続けると,実際に動いていなくても運動物体と同じ方向に動いている錯覚に陥ることがある.この感覚は,視覚誘導自己運動感といわれる.本研究では,3D映像視聴が視覚誘導自己運動感に与える影響を調査した.被験者には,0.3 Hzで前後または左右に多数の球が移動している映像の2D版と3D版をそれぞれ3分ずつ視聴してもらい,重心動揺を測定した.その結果,映像視聴時間が長いほど映像への同調性は高くなった.また,3D映像視聴は2D映像視聴と比較して映像への同調性は高かった.そして,視覚誘導自己運動感は3D空間全体の動きに影響を受ける可能性が高いことが明らになった. 
(英) While continuously observing objects in motion, humans may develop an illusionary sense of moving in the same direction as the objects, despite being quiescent. This phenomenon is termed as vection. In this study, we investigate the effect of viewing 3D movies on vection. The body sway of subjects while viewing 2D and 3D 3-min movies was recorded. From the results of this study, we obtained three findings. First, a longer viewing time provides higher synchronization accuracy with the movie. Second, the synchronization accuracy while viewing 3D movies is higher than that while viewing 2D movies. Third, there is a possibility that the entire space motion in the movie affects vection.
キーワード (和) 視覚誘導自己運動感 / 3D映像 / 重心動揺 / 同調性 / / / /  
(英) Vection / 3D movie / Body sway / Synchronization accuracy / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 46, HI2014-73, pp. 49-52, 2014年11月.
資料番号 HI2014-73 
発行日 2014-11-21 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-11-28 - 2014-11-29 
開催地(和) 熊本市国際交流会館 
開催地(英) Kumamoto City International Center 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用,マルチモーダル,感性情報処理,一般 
テーマ(英) Visual and auditory Senses, multi modal processing, Kansei information processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-11-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体映像視聴時における視覚誘導自己運動感覚に起因する重心動揺の特徴解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analysis of body sway caused by vection during stereoscopic viewing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚誘導自己運動感 / Vection  
キーワード(2)(和/英) 3D映像 / 3D movie  
キーワード(3)(和/英) 重心動揺 / Body sway  
キーワード(4)(和/英) 同調性 / Synchronization accuracy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 明弘 / Akihiro Sugiura / スギウラ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学/岐阜医療科学大学 (略称: 名大/岐阜医療科学大)
Nagoya University/Gifu Universuty of Medical Science (略称: Nagoya Univ./Gifu Univ. of Med. Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 邦彦 / Kunihiko Tanaka / タナカ クニヒコ
第2著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu Universuty of Medical Science (略称: Gifu Univ. of Med. Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若田部 駿 / Shun Wakatabe / ワカタベ シュン
第3著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu Universuty of Medical Science (略称: Gifu Univ. of Med. Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 千佳 / Chika Matsumoto / マツモト チカ
第4著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu Universuty of Medical Science (略称: Gifu Univ. of Med. Sci.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 一輝 / Kazuki Yoshikawa / ヨシカワ カズキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 宗樹 / Hiroki Takada / タカダ ヒロキ
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮尾 克 / Masaru Miyao / ミヤオ マサル
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-29 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-73 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2014-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会