映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-06 13:25
ホログラフィックデータストレージにおける直流信号成分の除去のための位相パターン最適化
倉田博之吉田周平山本 学東京理科大
抄録 (和) 超大容量・高速なホログラムメモリシステムの開発を狙いとして,要素技術開発を行ってきた.フォトポリマー媒体は徐々に多重数の目安であるMナンバーの向上など性能改善の方向に有り,これらの媒体をシステム的にうまく使いこなすことがドライブ設計で求められる.本稿では,特にシフト多重記録をクロスさせて多重化するクロスシフト多重記録方式において,9/16変調符号及びランレングス制限符号を用いた場合の最適となる位相パターンについてシミュレーション解析を行った結果を報告する. 
(英) We've been developing super large-capacity high-speed holographic data storage system. The recording medium is improving gradually to the direction of the performance we need such as improvement of the M#, and it is demanded by a drive design that monomers in the recording medium consume sufficiently. In a cross shift multiplexing recording method which is our recording method by using both shift multiplexing with spherical reference wave and rotating medium. In this paper, we report the result that analyzed phase mask optimization for elimination of DC components by using simulation and experiment for especially 9-16 and run length limited modulation code.
キーワード (和) 位相マスク / ホログラムメモリ / 高密度 / / / / /  
(英) Phase mask / Holographic data storage / High density / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 9, MMS2015-37, pp. 7-11, 2015年3月.
資料番号 MMS2015-37 
発行日 2015-02-27 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS IEE-MAG  
開催期間 2015-03-06 - 2015-03-06 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録,一般 
テーマ(英) Optical recording, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2015-03-MR-MMS-MAG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラフィックデータストレージにおける直流信号成分の除去のための位相パターン最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of phase pattern for reduction of DC components in holographic data storages 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相マスク / Phase mask  
キーワード(2)(和/英) ホログラムメモリ / Holographic data storage  
キーワード(3)(和/英) 高密度 / High density  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 博之 / Hiroyuki Kurata / クラタ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Uni. of Sciense)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 周平 / Shuhei Yoshida / ヨシダ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Uni. of Sciense)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 学 / Manabu Yamamoto / ヤマモト マナブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Uni. of Sciense)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-06 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2015-37 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-MMS-2015-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会