お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-11 16:15
[依頼講演]双方向FPUの開発
居相直彦光山和彦鵜沢史貴熊谷 崇小山智史NHK)・青木勝典NHKエンジニアリングシステム
抄録 (和) 筆者らは放送分野における映像素材のファイルベース化に対応するため,無線によるファイル形式の映像素材伝送に対応する時分割複信 (TDD: Time Division Duplex) 方式の双方向FPU (Field Pick-up Unit) の開発を進めている.我々が開発を進める双方向FPUでは,高速にファイル伝送をおこなうために高次多値変調,適応変調技術および直交偏波を利用した2×2 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 技術により伝送容量の拡大を図っている.さらに,双方向性を利用して,誤り訂正と自動再送要求 (ARQ: Automatic Repeats Request)を組み合わせたHARQ (Hybrid ARQ) 技術を導入することにより信頼性向上を図っている.本報告では,筆者らが開発を進めている双方向FPUのシステム概要と高速ファイル伝送を実現するための各種機能の開発状況を報告する. 
(英) File-based video system has become wide spread in the television-program production field. We are developing a TDD-based bidirectional digital FPU (Field Pick-up Unit) system for wireless video file transmission. We apply an adaptation modulation with high-order quadrature amplitude modulation schemes and 2x2 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) for high-speed file transmission. Furthermore, to provide higher link reliability, the bidirectional digital FPU system implements HARQ (Hybrid Automatic Repeats Request) which combines forward error correction codes and ARQ. In this report, we describe an overview of the bidirectional digital FPU and report the development status of the functions adopted to it in order to realize high-speed file transmission.
キーワード (和) 双方向FPU / 時分割複信 / 高次多値変調 / 適応変調 / MIMO / HARQ / /  
(英) Bidirectional Digital FPU / TDD / high-order quadrature amplitude modulation / adaptive modulation / MIMO / HARQ / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 33, BCT2015-68, pp. 15-18, 2015年9月.
資料番号 BCT2015-68 
発行日 2015-09-04 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT  
開催期間 2015-09-11 - 2015-09-11 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyou-Messe-Shimonoseki 
テーマ(和) 放送・通信連携および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-09-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双方向FPUの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Bidirectional Digital FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向FPU / Bidirectional Digital FPU  
キーワード(2)(和/英) 時分割複信 / TDD  
キーワード(3)(和/英) 高次多値変調 / high-order quadrature amplitude modulation  
キーワード(4)(和/英) 適応変調 / adaptive modulation  
キーワード(5)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(6)(和/英) HARQ / HARQ  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜沢 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 崇 / Takashi Kumagai / クマガイ タカシ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 智史 / Tomofumi Koyama / コヤマ トモフミ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 勝典 / Katsunori Aoki / アオキ カツノリ
第6著者 所属(和/英) (一財)NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NHK-ES)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-11 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-68 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会