お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-09-11 13:00
積層型ディスプレイのための高速画像計算法
後藤田洋伸NII
抄録 (和) 本稿では,与えられた光線空間から,積層型ディスプレイでの表示に適した画像群を生成する新しい方法を提案する.積層型ディスプレイとは,複数の液晶パネルと光源から構成される裸眼立体視ディスプレイのことで,互いに重なり合う複数の画像を使って光線空間を表示する.光線空間からこのような画像群を生成するには,計算量の大きな最適化問題を解くことが必要であり,多くの場合,GPUなどの支援がない限り実時間での処理は困難であるとされている.本稿では,光線空間の形状と液晶パネルの光学的性質の双方に若干の制約を加えることにより,最適化問題が大幅に簡素化されることを示す.また,この簡素化された問題を解いた場合でも,従来手法と遜色のない画像群が得られることを,実験データに基づいて示す.さらに,こうした画像生成が,汎用的なCPU上でも実時間に近い速度で実行できることを示す. 
(英) This paper presents a new method to convert a light field into a set of layered images suitable for showing on multilayer displays. In conventional methods, such a conversion generally involves a time-consuming optimizing process, which prevents us from computing the images in real time. Here we discuss that the conversion can be simplified substantially by imposing additional constraints on the light field as well as on the optical properties of LC (liquid crystal) panels to be embedded into multilayer displays. We then examine the computational efficiency of the proposed method using a few sample 3D scenes. In particular, the method is shown to work almost in real-time without any assistance of GPUs.
キーワード (和) 積層型ディスプレイ / 裸眼立体視ディスプレイ / 光線空間 / 液晶パネル / 最適化 / / /  
(英) multilayer display / autostereoscopic display / light field / liquid crystal panel / optimization / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 34, 3DIT2015-27, pp. 1-4, 2015年9月.
資料番号 3DIT2015-27 
発行日 2015-09-04 (AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT 3DIT OSJ-HODIC  
開催期間 2015-09-11 - 2015-09-11 
開催地(和) 日本大学理工学部船橋校舎 
開催地(英) Funabashi Campus, Nihon Univ. 
テーマ(和) 立体映像およびホログラフィー 
テーマ(英) 3D Imaging and Holography 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2015-09-AIT-3DIT-HODIC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 積層型ディスプレイのための高速画像計算法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast image computation for multilayer displays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 積層型ディスプレイ / multilayer display  
キーワード(2)(和/英) 裸眼立体視ディスプレイ / autostereoscopic display  
キーワード(3)(和/英) 光線空間 / light field  
キーワード(4)(和/英) 液晶パネル / liquid crystal panel  
キーワード(5)(和/英) 最適化 / optimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 洋伸 / Hironobu Gotoda / ゴトウダ ヒロノブ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-09-11 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-AIT2015-106,ITE-3DIT2015-27 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2015-09-04,ITE-3DIT-2015-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会