お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-23 14:00
IPパケットを用いた映像信号伝送のバースト消失耐性を向上させる誤り訂正方法の検討
川本潤一郎中戸川 剛倉掛卓也NHK
抄録 (和) IP(Internet Protocol)を用いた通信ネットワークの普及に伴って,非圧縮または圧縮した映像信号をIPパケット化して伝送する技術開発や規格化が進んでいる.IP伝送では,伝送路上に配置されたネットワークスイッチ機器が,入力パケットを連続的に廃棄(バースト消失)する場合がある.伝送パケットの消失が生じると,受信側で再生する映像信号にブロックノイズが現れることで,安定した映像伝送が困難となる.そこで,消失パケットを復元する誤り訂正技術の適用が有効である.本稿では,従来の排他的論理和演算を用いて消失パケットを復元する誤り訂正方法から,バースト消失耐性を向上する方法を検討し,シミュレーションによる性能検討を行ったので報告する. 
(英) With the spread of communication networks using IP (Internet Protocol), technical development and standardization of transmitting uncompressed or compressed video signals in IP packets is performed. In an IP transmission, network switch equipment, which has been placed in the transmission path, may be successively discards the input packet (burst loss). When a transmission packet loss is occurred, block noise appears on the video signal to be recovered at the receiver side, so that stable video transmission becomes difficult. Therefore, FEC (Forward Error Correction) method to restore the lost packets is effective. In this paper, we propose the new FEC method to improve the burst loss resistance compared to the conventional method, which restore the lost packet using the exclusive OR operation. We also report about our simulation results of the new FEC performance.
キーワード (和) IP / 映像伝送 / 誤り訂正 / パケット消失 / 排他的論理和 / バースト / /  
(英) IP / video transmission / FEC / packet loss / exclusive OR / burst / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 38, BCT2015-70, pp. 5-8, 2015年10月.
資料番号 BCT2015-70 
発行日 2015-10-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2015-10-23 - 2015-10-23 
開催地(和) 山形テルサ 
開催地(英) Yamagataterrsa 
テーマ(和) 移動送受信技術および一般 
テーマ(英) Mobile Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-10-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IPパケットを用いた映像信号伝送のバースト消失耐性を向上させる誤り訂正方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Error Correction Method to Improve Burst Loss Tolerance of Video Signal Transmission Using IP Packet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IP / IP  
キーワード(2)(和/英) 映像伝送 / video transmission  
キーワード(3)(和/英) 誤り訂正 / FEC  
キーワード(4)(和/英) パケット消失 / packet loss  
キーワード(5)(和/英) 排他的論理和 / exclusive OR  
キーワード(6)(和/英) バースト / burst  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 潤一郎 / Junichiro Kawamoto / カワモト ジュンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中戸川 剛 / Tsuyoshi Nakatogawa / ナカトガワ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉掛 卓也 / Takuya Kurakake / クラカケ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-23 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-70 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会