お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-10-23 13:35
次世代地上放送における誤り訂正符号用ポインタの検討
宮坂宏明佐藤明彦朝倉慎悟蔀 拓也齋藤 進成清善一竹内知明中村円香村山研一岡野正寛土田健一澁谷一彦NHK
抄録 (和) NHKでは,次世代地上放送で8Kスーパーハイビジョンなどの大容量コンテンツを伝送する方式について研究開発を進めており,1つの要素技術として誤り訂正符号にLDPC符号を使用することを検討している.LDPC符号は,符号長を長くすることによって誤り訂正能力を向上させることができる.しかし,符号長を長くすると,復調の単位となるOFDMフレーム内のデータビット数をLDPC符号の符号長の整数倍に設定することが難しくなるため,受信機でOFDMフレームの同期を確立できても,LDPC符号の復号に必要な先頭位置を検知することができない.そこで今回,データとともにLDPC符号ブロックの先頭位置情報を伝送する方法を提案し,計算機シミュレーションによりその受信特性の評価を行ったので報告する. 
(英) NHK is conducting research on the next generation of digital terrestrial broadcasting to enable large-volume content such as 8K Super Hi-Vision. LDPC codes have been studied as forward error collection (FEC). The error correction capability of LDPC code can be improved by increasing the code length. However, it would be difficult to set the number of data bits in an OFDM frame to an integer multiple of the long code length. Then, even if OFDM frame synchronization is acquired in the receiver, the beginning of LDPC code cannot be detected. So we propose FEC pointer to inform the decoding position to the receiver. This paper describes the computer simulation results of the FEC pointer transmission.
キーワード (和) 次世代地上放送 / 誤り訂正符号用ポインタ / LDPC符号 / OFDMフレーム / / / /  
(英) Next Generation Terrestrial Broadcasting / FEC Pointer / LDPC Code / OFDM Frame / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 38, BCT2015-69, pp. 1-4, 2015年10月.
資料番号 BCT2015-69 
発行日 2015-10-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2015-10-23 - 2015-10-23 
開催地(和) 山形テルサ 
開催地(英) Yamagataterrsa 
テーマ(和) 移動送受信技術および一般 
テーマ(英) Mobile Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-10-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代地上放送における誤り訂正符号用ポインタの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Forward Error Correction Pointer for the Next Generation Terrestrial Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 次世代地上放送 / Next Generation Terrestrial Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 誤り訂正符号用ポインタ / FEC Pointer  
キーワード(3)(和/英) LDPC符号 / LDPC Code  
キーワード(4)(和/英) OFDMフレーム / OFDM Frame  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔀 拓也 / Takuya Shitomi / シトミ タクヤ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 進 / Susumu Saito / サイトウ ススム
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 成清 善一 / Yoshikazu Narikiyo / ナリキヨ ヨシカズ
第6著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第7著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 円香 / Madoka Nakamura / ナカムラ マドカ
第8著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 研一 / Kenichi Murayama / ムラヤマ ケンイチ
第9著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第10著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第11著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 澁谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第12著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-10-23 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-69 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.38 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会