お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-12 14:10
[フェロー記念講演]映像圧縮と映像通信に関する研究開発
甲藤二郎早大
抄録 (和) 筆者が進めてきた映像圧縮と映像通信に関する研究開発例の紹介を行なう。映像圧縮に関しては、Wavelet変換、オーバーラップ動き補償、IPB予測、量子化雑音除去に関する研究成果の紹介を行なうが、これらはRD最適化 (Rate-Distortion Optimization) と誤差最小化を共通の基盤としている。映像通信に関しては、筆者のMPEG-4 IM1 (Implementation Group 1) 等の活動例、低遅延性と高スループット性を両立するTCP (Transport Control Protocol)、低遅延性と耐障害性を両立するツリー・メッシュ・ハイブリッドP2P (Peer-to-Peer) の紹介を行なうと共に、筆者が最近進めている交通機関のモビリティを活用した映像配信システム、通信品質の良好な移動経路を提示するナビゲーションシステムの紹介を行なう。 
(英) This paper introduces researches on video compression and visual communication by the author. On video compression, researches on wavelet transform, overlapped motion compensation, IPB prediction structure and quantization noise reduction are introduced, which are commonly based on rate-distortion optimization and error minimization. On visual communication, the author’s contributions to MPEG-4 IM1, transport protocol design which supports low delay and high throughput, and tree/mesh hybrid P2P supporting low delay and robustness against node failure are provided. Furthermore, as recent results by the author, a video delivery system which exploits mobility of transportation vehicles and a navigation system which provides a moving route having good communication quality for mobile video streaming are introduced.
キーワード (和) 映像圧縮 / 映像通信 / RD最適化 / 誤差最小化 / / / /  
(英) Video compression / Visual communication / Rate distortion optimization / Error minimization / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT IEICE-IE  
開催期間 2015-11-12 - 2015-11-13 
開催地(和) 崇城大学 池田キャンパス 
開催地(英) Sojo University Ikeda Campus 
テーマ(和) 高精細度画像処理・表示,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2015-11-IE-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像圧縮と映像通信に関する研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Researches on Video Compression and Visual Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像圧縮 / Video compression  
キーワード(2)(和/英) 映像通信 / Visual communication  
キーワード(3)(和/英) RD最適化 / Rate distortion optimization  
キーワード(4)(和/英) 誤差最小化 / Error minimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-11-12 14:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会