映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-28 13:30
表示信号の時間的平滑化によるMEMSシャッター方式ディスプレイの消費電力低減
藤井雅人志賀智一電通大
抄録 (和) ビットプレーン表示方式で階調表示を行うMEMSシャッター方式ディスプレイにおいて, 表示信号を時間的に平滑化し, MEMSシャッターの開閉回数を減らすことで消費電力を低減する方法を提案する. 開口時間の大きいサブフィールドの信号を変更すると色ずれによる画質劣化が大きくなるため, 信号を変更した場合に生じる原画像との色差を考慮して, 各画素ごとに平滑化するサブフィールド数を調整する. シミュレーションにより作成した方式適用画像の評価から, 許容する色差をAA級までとし, 画質と演算数を考慮して平滑化する最大サブフィールド数を3とすると, MEMSシャッターの開閉回数を19.8%低減できることがわかった. 
(英) Power reduction method for MEMS shutter display employing the bit plane gray scale expression method has been proposed. By smooth the bit plane signal temporally, opening and closing frequency of the MEMS shutter decreases, resulting in power reduction. In order to suppress color shift due to the smoothing, color difference between the original image and smoothed image are calculated and the number of smoothing bit plane are adjusted in each pixel. Simulated experiments shows 19.8% reduction of the opening and closing frequency of the MEMS shutter when the acceptable color difference is AA class and maximum number of the smoothing bit plane is 3.
キーワード (和) MEMSシャッター方式ディスプレイ / 消費電力低減 / 画質 / 平滑化 / 色差 / / /  
(英) MEMS shutter display / power reduction / image quality / smoothing / color difference / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEE-EDD SID-JC IEIJ-SSL  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) Toyama Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of Emissive / Non-Emissive Displays 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-EID 
会議コード 2016-01-EID-IDY-EDD-JC-SSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表示信号の時間的平滑化によるMEMSシャッター方式ディスプレイの消費電力低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power Reduction of MEMS Shutter Display by Temporal Smoothing of Image Signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MEMSシャッター方式ディスプレイ / MEMS shutter display  
キーワード(2)(和/英) 消費電力低減 / power reduction  
キーワード(3)(和/英) 画質 / image quality  
キーワード(4)(和/英) 平滑化 / smoothing  
キーワード(5)(和/英) 色差 / color difference  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅人 / Masato Fujii / フジイ マサト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志賀 智一 / Tomokazu Shiga / シガ トモカズ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-28 13:30:00 
発表時間
申込先研究会 IEICE-EID 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会