映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 13:15
ゲームの継続的視覚表現におけるサウンドトリガーに関するデザインパターンの検討と実装
渡邉野々香伊藤彰教伊藤謙一郎東京工科大
抄録 (和) ゲームメカニクスに関わる視覚表現は、何かのトリガーとなる瞬間的変化のイベントと、継続的・漸進的に変化するものに2分される。一方、ゲームサウンドの発生機構は基本的に瞬間的なトリガーである。ゲームデザイン上、プレーヤの判断・操作に大きく寄与する音が、視覚面における継続的変化中に必要となる場合、継続イベント中のトリガー発生タイミングのデザインが重要になる。こうした仕掛けが含まれているタイトルが普及しているにも関わらず、この観点からのゲームデザイン・サウンドデザイン手法がまとめられているものは見当たらない。そこで本研究では、ゲームサウンドにおけるトリガー系プログラムと、視覚的意味・情緒を排した視覚オブジェクトのカタログ化を行い、これを「視覚的な瞬間・継続」の観点から組み合わせることで、「プレーヤを誘う音」とされる音のタイミング・メカニズムの関連をインタラクティブに確認できるツールを作成した。カタログ化および実装はUnityで行い、デザインパターンはC#にて構築した。 
(英) The visual expressions of games associated with game-mechanics are divided into two types, one is an event as a trigger, and the other is continuous changing event. On the other hands, the generation mechanism of game sound is instantaneous trigger basically. Therefore, the design on sound trigger for occasioning the players' judgements is important during the continuous visual expression. That kinds of artifice have been popular in the actual games but still not be enough patterned in the academic area. In this research, we surveyed and cataloged the sound trigger components and developed the confirmation tools for assembling the design pattern for game-mechanics and sound trigger. Through the developing, we focused on the aspect of "continuous vs instantaneous" and gradually changed visual expressions.
キーワード (和) ゲームサウンド / ゲームメカニクス / デザインパターン / トリガー / / / /  
(英) Game sound / Game-mechanics / Design pattern / Trigger / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-85, pp. 145-146, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲームの継続的視覚表現におけるサウンドトリガーに関するデザインパターンの検討と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Design Patterns for Game Sound Triggering in Continuous Visual Expression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゲームサウンド / Game sound  
キーワード(2)(和/英) ゲームメカニクス / Game-mechanics  
キーワード(3)(和/英) デザインパターン / Design pattern  
キーワード(4)(和/英) トリガー / Trigger  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 野々香 / Nonoka Watanabe / ワタナベ ノノカ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 謙一郎 / Ken'ichiro Ito / イトウ ケンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-85 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.145-146 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会