お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-09 15:15
Characterization of engagement changes during VR based rehabilitation : A preliminary study
Shinya TachiharaTakehiko YamaguchiNaoki IshiuraTetsuya HaradaTUS)・Mickael DinomaisPaul RichardSylvie NguyenAngers Univ.)・Steven BachelderMasaki HayashiMasayuki NakajimaUppsala Univ.)・Uno ForsStockholm Univ.
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Cerebral Palsy refers to abnormal development or damage to areas of the brain responsible for various motor functions. This occurs most often during pregnancy, childbirth, or shortly thereafter. Physiotherapy with high motivation is considered beneficial for patients. We have developed a VR game and physiotherapy system that is designed to intrinsically motivate and engage patients. The system provides physiotherapy with upper body movement coupled with hand and eye coordination. The game system is developed to document and monitor physiological data and performance in participating test subjects in order to provide post play session analysis. This analysis is then used to measure patient performance and to adjust and improve the game system further. It is our view that an engaging system will increase intrinsic motivation in patients and thus potentially provide increased hours of play and physiotherapy. In the current stage of development, we hypothesized that by increasing in-game variables such as the velocity, direction and frequency of moving target objects during the session, which test subjects would demonstrate increased oculomotor changes correspondingly. The results indicated that oculomotor levels do vary in relation to task levels, but this data is not sufficient to explain the level of test subject’s engagement. Additional work will be done measuring other biological data in relation to the in-game challenges.
キーワード (和) 脳性麻痺 / 人工現実感 / 従事度 / / / / /  
(英) Cerebral Palsy / Virtual Reality / Engagement / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 11, AIT2016-96, pp. 183-186, 2016年3月.
資料番号  
発行日 2016-03-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2016-03-09 - 2016-03-09 
開催地(和) 東京工芸大学 中野キャンパス 
開催地(英) Tokyo Polytechnic Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2016 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2016-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterization of engagement changes during VR based rehabilitation : A preliminary study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳性麻痺 / Cerebral Palsy  
キーワード(2)(和/英) 人工現実感 / Virtual Reality  
キーワード(3)(和/英) 従事度 / Engagement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立原 愼也 / Shinya Tachihara / タチハラ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 武彦 / Takehiko Yamaguchi / ヤマグチ タケヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石浦 直樹 / Naoki Ishiura / イシウラ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 哲也 / Tetsuya Harada / ハラダ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ディノメイス ミカエル / Mickael Dinomais / ディノメイス ミカエル
第5著者 所属(和/英) アンジェ大学 (略称: アンジェ大)
University of Angers (略称: Angers Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) リシャード ポール / Paul Richard / リシャード ポール
第6著者 所属(和/英) アンジェ大学 (略称: アンジェ大)
University of Angers (略称: Angers Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) グェン シルヴィ / Sylvie Nguyen / グェン シルヴィ
第7著者 所属(和/英) アンジェ大学 (略称: アンジェ大)
University of Angers (略称: Angers Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) バチェルダー スティーブン / Steven Bachelder / バチェルダー スティーブン
第8著者 所属(和/英) ウプサラ大学 (略称: ウプサラ大)
Uppsala University (略称: Uppsala Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正樹 / Masaki Hayashi / ハヤシ マサキ
第9著者 所属(和/英) ウプサラ大学 (略称: ウプサラ大)
Uppsala University (略称: Uppsala Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 正之 / Masayuki Nakajima / ナカジマ マサユキ
第10著者 所属(和/英) ウプサラ大学 (略称: ウプサラ大)
Uppsala University (略称: Uppsala Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) フォース ウノ / Uno Fors / フォース ウノ
第11著者 所属(和/英) ストックホルム大学 (略称: ストックホルム大)
Stockholm University (略称: Stockholm Univ.)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-09 15:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2016-96 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.183-186 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2016-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会