お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-11 15:20
SHVワイヤレスカメラの実現に向けたMIMOシステムの伝送特性の比較
伊藤史人中川孝之濱住啓之NHK
抄録 (和) 筆者らは,スーパーハイビジョン (SHV) 用ワイヤレスカメラの実現を目指し,ミリ波帯を利用した400 Mbps級の大容量伝送技術の検討を進めている.これまでに開発してきた2×4 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) - QPSK (Quadrature Phase Shift Keying) の100 Mbps級ワイヤレスカメラをベースに,変調方式をQPSKから16QAM (Quadrature Amplitude Modulation) や256QAMにした場合,MIMO方式を2×4から4×4にした場合,周波数帯域幅を現在のハーフモードから2倍となるフルモードにした場合について,伝送レートを整理した.その中からSHVワイヤレスカメラに必要な伝送レートが達成可能なシステムの候補を選定し,計算機シミュレーションによって各候補の所要C/N (搬送波対雑音電力比) の算出と伝送マージンの比較を行った.その結果,フルモードの4×4 MIMO-QPSKが最も所要C/Nが低く,現行システムからの伝送マージンの劣化を約4.9 dBに抑えて,4倍の伝送レートを達成できる見込みを得た. 
(英) The authors have been researching large capacity transmission technology using millimeter waves to develop SHV (Super Hi-Vision) wireless cameras. Based on a conventional wireless camera using a 2x4 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) - QPSK (Quadrature Phase Shift Keying) system, we calculated the transmission rates by changing the modulation methods from QPSK to 16QAM (Quadrature Amplitude Modulation) or 256QAM, the MIMO structures from 2x4 to 4x4, and the transmission mode from conventional "half-mode" to "full-mode" which has a twice bandwidth. In this paper, the comparisons of required C/N and link margin between candidates which can achieve the transmission rate required for SHV wireless cameras are demonstrated by computer simulations. The result shows that a 4x4 MIMO-QPSK system using full-mode can perform the lowest required C/N and achieve 4 times larger transmission rate than that of the conventional system, suppressing the loss of the link margin by about 4.9 dB.
キーワード (和) SHV / ワイヤレスカメラ / MIMO / 所要C/N / 伝送マージン / / /  
(英) SHV / Wireless Camera / MIMO / Required C/N / Link Margin / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 14, BCT2016-42, pp. 33-36, 2016年3月.
資料番号 BCT2016-42 
発行日 2016-03-04 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2016-03-11 - 2016-03-11 
開催地(和) 大濱信泉記念会(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SHVワイヤレスカメラの実現に向けたMIMOシステムの伝送特性の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Transmission Performance between MIMO Systems for SHV Wireless Cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SHV / SHV  
キーワード(2)(和/英) ワイヤレスカメラ / Wireless Camera  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) 所要C/N / Required C/N  
キーワード(5)(和/英) 伝送マージン / Link Margin  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumito Ito / イトウ フミト
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science & Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki / ナカガワ タカユキ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science & Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science & Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-11 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2016-42 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2016-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会