お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-20 13:00
可変蓄積時間イメージセンサを用いた広ダイナミックレンジ環境における視差推定
繁森祥吾浜本隆之東京理科大
抄録 (和) イメージセンサのダイナミックレンジを超えた広い明暗範囲の環境で撮影した場合,得られた画像に白飛びや黒潰れが生じることがある.このような場合,画素の情報が欠落することになるため,三次元画像システムにおいては視差推定が困難となる.これに対して露光時間の異なる複数枚の画像を用いる方法があるが,画像取得に時間を要するため動画像に応用するとフレームレートの低下などの問題が生じる.
本稿では,我々の研究室で以前に開発した,可変蓄積時間イメージセンサを用いて露光途中の画像を読み出し,リアルタイムに視差推定を行う方式を検討する. 
(英) Images taken in the wide-dynamic-range environment often include blown out highlights or blocked up shadows. It is difficult to perform disparity estimation because of the lack of characteristic structure in the scene. To address this, although a method of using the images having different exposure times was proposed, there are some problems since it takes a lot of time for image acquisition, i.e., it reduces the frame rate. Therefore, it is difficult to estimate disparity in real time.
In this report, we propose a disparity estimation method in the wide-dynamic-range environment using variable-integration -time image sensor. This image sensor designed by our laboratory enables us to acquire images having different exposure times in parallel.
キーワード (和) ダイナミックレンジ / 視差推定 / 可変蓄積時間 / / / / /  
(英) Dynamic Range / Disparity Estimation / Variable Integration Time / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 18, IST2016-30, pp. 1-4, 2016年6月.
資料番号 IST2016-30 
発行日 2016-06-13 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST ME IEICE-BioX  
開催期間 2016-06-20 - 2016-06-21 
開催地(和) 石川四高記念文化交流館 
開催地(英) Ishikawa-Shiko-Kinen-Bunka-Kouryukan 
テーマ(和) バイオメトリクス,インタラクティブ システム・画像入力デバイス・方式、及び一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2016-06-IST-ME-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変蓄積時間イメージセンサを用いた広ダイナミックレンジ環境における視差推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Disparity estimation in the wide-dynamic-range environment using variable-integration-time image sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックレンジ / Dynamic Range  
キーワード(2)(和/英) 視差推定 / Disparity Estimation  
キーワード(3)(和/英) 可変蓄積時間 / Variable Integration Time  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁森 祥吾 / Shogo Shigemori / シゲモリ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-20 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 IST2016-30, ME2016-75 
巻番号(vol) 40 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2016-06-13 (IST, ME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会