お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 13:30
モーションキャプチャを用いた柔らかい動作と硬い動作の判別手法の提案
新井 涼村上和人愛知県立大
抄録 (和) 『柔らかい』動作と『硬い』動作の判別手法を提案する.動作の中には『柔らかい』や『硬い』などと表現される動作があるが,これらの動作とその形容的表現は主観に左右されるため,人とロボットなどにおけるインタラクションの際,それらを判別することは重要となる.本研究では,腕の動作に『柔らかい』と『硬い』の差が生じやすいと仮定し,腕振り動作を例に,モーションキャプチャデータを解析した.加速度と躍度をもとに回帰分析を用いて『柔らかい』と『硬い』の識別線を求めることで動作を判別する手法を作成した.また, SVMを用いて『硬い』領域を求め,動作を判別する手法を作成した.動作判別実験を行った結果,回帰分析による手法は67%,SVMによる手法は58%の判別に成功した. 
(英) Although there are soft and strained movements, the difference is very small and it is difficult to determine them. This paper describes how to distinguish soft movement and strained movement. Assuming that the difference between soft and strained occurs easily in the arm movement, we analyzed the motion capture data of arm swing. This paper proposes two methods. One method uses regression analysis for the parameters of acceleration and jerk in order to decide a border line between soft and strained movements. Another method uses Support Vector Machines for the parameters of acceleration and jerk in order to distinguish soft and strained movements. The former method could distinguish 67% of movements, and the latter method could distinguish 58% of movements.
キーワード (和) 統計解析 / モーションキャプチャ / 人の動作 / / / / /  
(英) Statistics Analysis / Motion Capture / Human Movement / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 31, ME2016-117, pp. 7-11, 2016年9月.
資料番号 ME2016-117 
発行日 2016-09-08 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-IE IEICE-EMM IEICE-LOIS IEE-CMN  
開催期間 2016-09-15 - 2016-09-16 
開催地(和) 愛知県立大学(長久手キャンパス) 
開催地(英) Aichi Prefectural University 
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,一般 
テーマ(英) Multimedia communication/system, life-log application technology, IPTV/image communication, media security, general. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2016-09-ME-IE-EMM-LOIS-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モーションキャプチャを用いた柔らかい動作と硬い動作の判別手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method to Distinguish Soft Movement and Strained Movement by Using Motion Capture Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 統計解析 / Statistics Analysis  
キーワード(2)(和/英) モーションキャプチャ / Motion Capture  
キーワード(3)(和/英) 人の動作 / Human Movement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 涼 / Ryo Arai / アライ リョウ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 和人 / Kazuhito Murakami /
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2016-117 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-ME-2016-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会