映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 13:54
アーク3D表示による新たな方向性バックライトを用いた全周多眼ディスプレイ
尾崎亮介徳島大)・山本裕紹宇都宮台)・水科晴樹陶山史朗徳島大
抄録 (和) 放射状パララックスバリアを用いた多眼表示方式に,アーク3D表示を利用した方向性バックライトを組みあわせることにより,薄型で全周から観察可能な多眼表示が原理的に実現可能であることを確認した.回転対称性を有する放射状パララックスバリアを提案し,これにフラクショナルビュー方式を適用することで,全周の視点変化に対応した所望の視差画像の変化を検証できた.しかし,放射状バリア特有の現象として,表示したい位置以外にゴーストが発生したため,この解決を試みた.解決策として,アーク3D表示による方向性バックライトを用い,所望の立体像のみを照明することにより,ゴースト発生を抑制でき、全周から観察可能な多眼表示を薄型で実現できる見通しを得た. 
(英) Flat and thin autostereoscopic display with all surrounding viewpoints can be successfully obtained by using arc 3D display as a new directional backlight of radial parallax barrier method. Autostereoscopic images can be changed continuously corresponding to surrounding viewpoints change by applying fractional view method, although undesired neighborhood images were observed. In this paper, all surrounding viewpoints can be successfully achieved by suppressing undesired neighborhood ghost images by using arc 3D display as a new directional backlight.
キーワード (和) 全周観察 / 薄型 / 放射状パララックスバリア / フラクショナルビュー / 方向性バックライト / / /  
(英) All surrounding viewpoints / Flat and thin / Radial parallax barrier / Fractional view / Directional backlight / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 2, IDY2017-4, pp. 13-16, 2017年1月.
資料番号 IDY2017-4 
発行日 2017-01-19 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEE-EDD IEIJ-SSL SID-JC  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of Emissive/Non-emissive Displays 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2017-01-EID-IDY-EDD-SSL-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アーク3D表示による新たな方向性バックライトを用いた全周多眼ディスプレイ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stereoscopic Display for All Surrounding Viewpoints by Using a New Directional Backlight of Arc 3D 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全周観察 / All surrounding viewpoints  
キーワード(2)(和/英) 薄型 / Flat and thin  
キーワード(3)(和/英) 放射状パララックスバリア / Radial parallax barrier  
キーワード(4)(和/英) フラクショナルビュー / Fractional view  
キーワード(5)(和/英) 方向性バックライト / Directional backlight  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 亮介 / Ryosuke Ozaki / オザキ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕紹 / Hirotsugu Yamamoto / ヤマモト ヒロツグ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮台)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama / スヤマ シロウ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 13:54:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2017-4 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会