映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-18 14:15
小型ドローンに対する3次元パーソナルスペース
芝田伊吹中村友昭金子正秀電通大
抄録 (和) 人間や地上を走行するロボットと違い,ドローンは水平方向だけではなく垂直方向にも移動する.そのため,既存の平面的なパーソナルスペースを適用することは不適切である.そこで本論文では,実際の飛行状態にある小型ドローンを用いて3次元的なパーソナルスペースを調査した.立位で静止している被験者に対してドローンを15m離れた位置から接近させ,ドローンにこれ以上近づいて欲しくないと感じた距離を測定した.その結果,被験者の正面,斜め正面,側面における高度1m〜2.5mのパーソナルスペースを得た.また正面の場合,ドローンの速度が大きくなるとパーソナルスペースも大きくなり,高度4.5m〜5.5mでパーソナルスペースが消滅した. 
(英) Unlike humans and ground robots, a drone moves not only horizontally but also vertically. Therefore, it is inappropriate to use existing 2D personal space. This paper investigated 3D personal space using a small drone in actual flight conditions. The drone flew toward a standing examinee from 15m away and the distance that one felt uncomfortable was measured. As a result, personal space of an altitude of 1m to 2.5m in the front, oblique front and lateral of the examinee was obtained. In the case of the front, the personal space became larger as the drone flew faster, and it disappeared at an altitude of 4.5m to 5.5m.
キーワード (和) ドローン / 無人航空機 / パーソナルスペース / ヒューマンロボットインタラクション / / / /  
(英) Drone / Unmanned Aerial Vehicle / Personal Space / Human-robot Interaction / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 4, ME2017-16, pp. 59-62, 2017年2月.
資料番号 ME2017-16 
発行日 2017-02-11 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2017-02-18 - 2017-02-18 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2017-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型ドローンに対する3次元パーソナルスペース 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Personal Space Against Small Drone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドローン / Drone  
キーワード(2)(和/英) 無人航空機 / Unmanned Aerial Vehicle  
キーワード(3)(和/英) パーソナルスペース / Personal Space  
キーワード(4)(和/英) ヒューマンロボットインタラクション / Human-robot Interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝田 伊吹 / Ibuki Shibata / シバタ イブキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 友昭 / Tomoaki Nakamura / ナカムラ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正秀 / Masahide Kaneko / カネコ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-18 14:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2017-16 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2017-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会