お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 16:10
超多値変調OFDM信号のRoFを用いた光中継に関する検討
吉田 翔金子裕哉東野武史岡田 実奈良先端大
抄録 (和) 次世代の地上デジタル放送では4Kや8Kなどの高画質な映像が伝送されるようになるため必要とされる伝送容量が大きくなる.現行のISDB-T方式で1チャンネルあたりに割り当てられた帯域を増加させずに伝送容量を大きくするためには超多値変調を行った信号を用いる必要がある.しかし,多値数が多くなると雑音や歪みの影響によるビット誤りが起こりやすくなる.一方で,地下街等の電波不感地帯へは放送波をRoF (Radio over Fiber) によって光中継するシステムが導入されている.RoFを通過する信号は光変調する際に劣化が生じる.本研究では超多値変調OFDM信号をRoFにより中継することを仮定して計算機シミュレーションを行い,現行の光中継システムの構成を活かしつつ電波不感地帯で次世代の地上デジタル放送波を受信するシステムの検討を行う. 
(英) In the next generation digital terrestrial television broadcasting (DTTB), higher transmission rate than that of the current system is required to realize super high-vision broadcasting. Higher-order digital modulation is considered as a promising candidate to increase the transmission data rate without increasing radio frequency bandwidth. However, higher-order digital modulation is vulnerable to noise and distortion. Radio over Fiber (RoF) is employed to compensate radio dead zone such as underground city and inside tunnel area. The signal transmitted by using RoF is suffered distortion caused by optical modulator. This paper evaluates the performance of an optical repeater system using radio over fiber for next generation DTTB system employing higher-order digital modulation by using computer simulation.
キーワード (和) 超多値変調 / デジタル放送 / 光ファイバ無線 / ギャップフィラー / / / /  
(英) Super High-order modulation / Digital Broadcasting / Radio over Fiber / Gap Filler / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 6, BCT2017-31, pp. 33-36, 2017年2月.
資料番号 BCT2017-31 
発行日 2017-02-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) かんぽの宿 知多美浜 
開催地(英) Kanpo-no-yado Chita-mihama 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英) For young students ,and General researchers. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超多値変調OFDM信号のRoFを用いた光中継に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical Repeater for Super Higher-order modulation OFDM signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超多値変調 / Super High-order modulation  
キーワード(2)(和/英) デジタル放送 / Digital Broadcasting  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバ無線 / Radio over Fiber  
キーワード(4)(和/英) ギャップフィラー / Gap Filler  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 翔 / Sho Yoshida / ヨシダ ショウ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology, Graduate School of Information Science (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 裕哉 / Yuya Kaneko / カネコ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology, Graduate School of Information Science (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology, Graduate School of Information Science (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology, Graduate School of Information Science (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-31 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会