お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 14:45
スマートフォンによる音声通話とデータ通信を想定した人体内SAR評価
竹位亮太西野宏佑千葉大)・長岡智明NICT)・齊藤一幸千葉大)・渡辺聡一NICT)・高橋応明千葉大
抄録 (和) 近年,スマートフォンやタブレット端末など次世代型の携帯無線端末が急速に普及しており,電磁波が人体近傍で利用される機会が増大している.従来型の携帯無線端末の電磁波による生体影響については,これまでの間に世界中の様々な研究機関によって評価されているが,スマートフォンなど新たな携帯無線端末の電磁波ばく露による生体影響を評価した例はほとんど報告されておらず,WHO(World Health Organization)は新たな携帯無線端末の電磁波による生体影響の評価を優先的な研究課題として挙げている.従って本稿では,数値モデル化したスマートフォンと数値人体モデルを用いた数値シミュレーションにより,スマートフォンを音声通話やデータ通信に用いる際の人体内SAR(Specific Absorption Rate)評価を実施した.結果,スマートフォンを音声通話に用いる場合SARが高値となる傾向を確認した.また解析の結果得られたSARの値は全てICNIRP(International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection)のガイドラインに定められた指針値を下回ることを確認した. 
(英) Today, novel mobile phones such as a smartphone and a tablet computer have been spreading tremendously. We have more situations to be exposed to electromagnetic (EM) waves from mobile phones compared to the past. A lot of studies those evaluate the specific absorption rate (SAR) due to the conventional types of mobile phones. However, there are few studies that consider EM exposure from latest mobile phones. In this study, we evaluated the SAR in human bodies when they use smartphones for voice communications and data communications by computational simulation using a computational smartphone model and computational human models. As a result of this study, we confirmed that SAR when the smartphone was used for voice communications was higher than that when it was used for data communications. However, all SARs calculated in this study were lower than the international guideline.
キーワード (和) スマートフォン / SAR / FDTD法 / / / / /  
(英) Smartphone / SAR / FDTD / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 6, BCT2017-27, pp. 17-20, 2017年2月.
資料番号 BCT2017-27 
発行日 2017-02-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) かんぽの宿 知多美浜 
開催地(英) Kanpo-no-yado Chita-mihama 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英) For young students ,and General researchers. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートフォンによる音声通話とデータ通信を想定した人体内SAR評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SAR evaluations for human bodies due to voice communications and data communications using a smartphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(2)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹位 亮太 / Ryota Takei / タケイ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 宏佑 / Kosuke Nishino / ニシノ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 智明 / Tomoaki Nagaoka / ナガオカ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 一幸 / Kazuyuki Saito / サイトウ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 応明 / Masaharu Takahashi / タカハシ マサハル
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 14:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-27 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会