お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 17:10
次世代地上放送に向けたLDMの適用に関する一検討
佐藤明彦宮坂宏明朝倉慎悟蔀 拓也白井規之成清善一竹内知明中村円香村山研一岡野正寛土田健一中原俊二NHK
抄録 (和) 筆者らは,放送サービスの高品質化および高機能化に向けて,次世代地上放送の伝送方式を検討している.伝送耐性の異なるサービスを配信する階層伝送方式について,現行の地上デジタル放送と同じFDMの適用を考えている.FDMにおける移動受信向けの階層では,伝送耐性を高くするために伝送容量の低い変調方式を用いるため,固定受信向けの階層と比較して電力の利用効率が低くなる.これに対し,ATSC3.0で採用された階層伝送方式の一種であるLDMを移動受信向けの階層に適用することができれば,電力の利用効率が高まり,方式全体として伝送容量の向上を見込むことができる.本報告では,FDMとLDMを組み合せた階層伝送方式について,LDMで多重した階層における移動受信サービスの実現性を評価するため,計算機シミュレーションにより移動受信特性を求めた.空間ダイバーシティを用いることで,LDMを適用した階層についても移動受信サービスを伝送できる可能性を確認したため,この結果を報告する. 
(英) Toward the migration to a next-generation system, we are conducting research on digital terrestrial broadcasting. About hierarchical transmission, system to transmit multi services with different robustness, FDM is considered to apply next-generation system. To improve the transmission capacity of next-generation system, we are studying LDM adopt only for mobile reception band, and considered the use case of the system. In this paper, mobile reception performance of hierarchical transmission system combined FDM with LDM had been calculated by computer simulation to evaluate the feasibility. Results show that adopting space diversity reception systems can improve the transmission performance of LDM and we confirmed that both layer multiplexed by LDM could provide mobile service.
キーワード (和) 地上放送 / OFDM / FDM / LDM / / / /  
(英) Digital Terrestrial Television Broadcasting / OFDM / FDM / LDM / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 6, BCT2017-34, pp. 45-48, 2017年2月.
資料番号 BCT2017-34 
発行日 2017-02-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) かんぽの宿 知多美浜 
開催地(英) Kanpo-no-yado Chita-mihama 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英) For young students ,and General researchers. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代地上放送に向けたLDMの適用に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Applying Layered Division Multiplexing for Next Generation Digital Terrestrial Broadcasting. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上放送 / Digital Terrestrial Television Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) FDM / FDM  
キーワード(4)(和/英) LDM / LDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔀 拓也 / Takuya Shitomi / シトミ タクヤ
第4著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 規之 / Noriyuki Shirai / シライ ノリユキ
第5著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 成清 善一 / Yoshikazu Narikiyo / ナリキヨ ヨシカズ
第6著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第7著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 円香 / Madoka Nakamura / ナカムラ マドカ
第8著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 研一 / Kenichi Murayama / ムラヤマ ケンイチ
第9著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第10著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第11著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 俊二 / Syunji Nakahara / ナカハラ シュンジ
第12著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-34 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会