映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-24 10:20
[記念講演]次世代地上放送の暫定仕様における移動受信特性と誤り訂正符号ブロックの伝送方法に関する検討
宮坂宏明NHK
抄録 (和) NHKでは,放送サービスの高品質化および高機能化に向け,次世代地上放送の放送方式の暫定的な仕様(以下、暫定仕様)の策定を進めている.
暫定仕様は,現行方式ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting - Terrestrial) の特徴である階層伝送可能なセグメント構造やOFDMフレームの基本的な構造を継承しており,固定受信用の信号と移動受信用の信号を1つのチャンネルで同時に伝送可能なシステムである.また,階層ごとに設定できる変調多値数や符号化率などの伝送パラメータを増やし,多くの候補の中から伝送容量や受信耐性を選択できるようにしている.特にISDB-Tでは選択出来なかったSP (Scattered Pilot) 配置についても複数の候補を備え,固定受信や移動受信などの受信環境に適したSP配置が設定できる.
さらに暫定仕様では,ISDB-Tよりも周波数利用効率が高く,伝送耐性に優れた方式となるように,伝送帯域幅を拡張し,セグメント数を増やした新しい信号構造と,誤り訂正能力が高いLDPC符号を導入している. しかしLDPC符号は符号長が長いため,OFDMフレームの先頭から整数個のLDPC符号のブロック(以下,LDPC符号ブロック)を納めると余剰のビットが生じ,伝送効率が損なわれることがある.そのため,暫定仕様ではLDPC符号ブロックをOFDMフレームに効率的に配置する手法を考案している.
本稿ではまず,暫定仕様の信号構造において,比率・配置の異なる5種類のSP配置の移動受信特性を評価し,伝送容量を確保しながら移動受信に適したSP配置を考察した結果について報告する.次に,OFDMフレームにLDPC符号ブロックを効率的に配置するために考案したLDPC符号ブロックの先頭位置情報(FECポインタ)を伝送する手法と,そのFECポインタの受信特性について報告する. 
(英) NHK is conducting research on the next generation terrestrial broadcasting. The proposed specification for the next generation terrestrial broadcasting has been designed based on segmented OFDM to transmit the signal for fixed reception and mobile reception simultaneously on one channel. It has variety of transmission parameters such as modulation level and coding rate, etc. Especially, Scatterd Pilot (SP) pattern can be set according to the service such as mobile reception and fixed reception. Furthermore the proposed specification also incorporates the new OFDM signal structure and the latest technologies in order to get spectrum utilization efficiency higher than ISDB-T (Integrated Services Digital Broadcasting - Terrestrial). As an example LDPC codes have been used for the proposed specification as forward error collection (FEC). The error correction capability of LDPC code can be improved by increasing a code length. However, it would be difficult to set the number of data bits in an OFDM frame to an integer multiple of a long code length.
This paper describes the consideration of recommended SP pattern for mobile reception and the transmission method for LDPC code block. We evaluated the reception performance with five kinds of SP patterns under mobile reception environment. Furthermore we propose FEC pointer to inform the decoding position to the receiver and we evaluated the reception performance of the FEC pointer transmission.
キーワード (和) 次世代地上放送 / ISDB-T / 移動受信 / SP / LDPC符号 / FECポインタ / /  
(英) Next Generation Terrestrial Broadcasting / ISDB-T / Mobile Reception / SP / LDPC code / FEC pointer / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 6, BCT2017-37, pp. 61-66, 2017年2月.
資料番号 BCT2017-37 
発行日 2017-02-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) かんぽの宿 知多美浜 
開催地(英) Kanpo-no-yado Chita-mihama 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英) For young students ,and General researchers. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代地上放送の暫定仕様における移動受信特性と誤り訂正符号ブロックの伝送方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) tudies on the Mobile Reception Performance and the Transmission Method of FEC Block in the Next Generation Terrestrial Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 次世代地上放送 / Next Generation Terrestrial Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) ISDB-T / ISDB-T  
キーワード(3)(和/英) 移動受信 / Mobile Reception  
キーワード(4)(和/英) SP / SP  
キーワード(5)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(6)(和/英) FECポインタ / FEC pointer  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-24 10:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-37 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-BCT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会