映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 14:45
Procedual Animation of Trail Smoke
植木遥平菊池 司東京工科大
抄録 (和) 近年、映画やアニメにおいて3DCGを利用することが一般的になっており、制作の技術の向上が求められている。特に煙や炎、水というような流体に関連した現象は、人手による製作が困難であるとされている。本研究ではエフェクトの中でも代表的であり、実写やセルアニメーションなど多くの場において使用頻度が高いがゆえに多様さが求められる爆発エフェクトに注目し、その中でも実写での撮影が難しいTrail Smokeを取り上げる。
本研究では、爆発の形状をより制御することができるようパスを引き圧力勾配を決め、そのできた圧力勾配にパーティクルを流すことで形状の制御をし、シミュレーションを行うことでTrail Smokeを含む爆発のシミュレーションを実現する。 
(英) In recent years, it has become common to use 3DCG in movies and animation, and improvement of production technology is required. Particularly, phenomena related to fluid such as smoke, flame, and water are said to be difficult. In this research, it is representative among effects, focusing on the explosion effect which is required for diversity because of its high frequency of use in live-action photography and cell animation, etc., and among them taking up Trail Smoke which is difficult to photograph in live-action photography. Then, by controlling the shape by flowing particles to the pressure gradient, determining the pressure gradient by passing the pass so that the shape of the explosion can be more controlled, simulation of the explosion including Trail Smoke .
キーワード (和) 爆発 / 流体シミュレーション / FLIP / / / / /  
(英) Explosion / Fluid simulation / FLIP / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 12, AIT2017-131, pp. 295-298, 2017年3月.
資料番号  
発行日 2017-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-14 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2017 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2017-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Procedual Animation of Trail Smoke 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Procedual Animation of Trail Smoke 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 爆発 / Explosion  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / Fluid simulation  
キーワード(3)(和/英) FLIP / FLIP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植木 遥平 / Yohei Ueki / ウエキ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 14:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2017-131 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.295-298 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会