映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 13:30
[ポスター講演]10億枚毎秒を目指す像面マルチアパーチャ方式時間圧縮型CMOSイメージセンサの開発
佐藤祐人望月風大香川景一郎ソ ミン ウン高澤大志安富啓太川人祥二静岡大
抄録 (和) 本稿では高速電荷変調画素と圧縮センシングを組み合わせた,超高速像面マルチアパーチャ方式時間圧縮型CMOSイメージセンサについて述べる.センサは複数のサブピクセルから構成する画素ブロックのアレイをもつ.レンズの点像分布を意図的に広げ,ブロック内のサブピクセルで類似した光信号を取得する.各サブピクセルが異なる時間符号化パターンで対象を時間圧縮撮像し,撮影終了後に逆問題を解き時間分解画像を再構成する.最大フレームレートは画素内の電荷変調速度のみで制限されるため,10億枚毎秒以上のフレームレートを実現できる.論理合成した画素制御回路のシミュレーションにより,信号配線の寄生抵抗,寄生容量を考慮しない場合の最大動作周波数は1.67GHzとなった. 
(英) In this paper, we mention an the ultra high speed temporally compressive CMOS image sensor with forcal plane multi-aperture by combining a high speed charge modulation pixel and compressive sampling. The sensor has an array of pixel blocks composed of multiple subpixels. Point spread function of the imaging lens is intentionally expanded to cover a whole pixel block to distribute similar optical signals to the subpixels. The object is temporally compressed with different temporal coded shutter patterns for each subpixel. After the image acquisition, the time-resolved image is reconstructed by solving the inverse problem. The factor which dominates the maximum frame rate is only charge modulation speed of the pixel, so that, the frame rate of 1Gfps (frame per second) will be realized. The maximum operating frequency of synthesized pixel controller is 1.67GHz when RC was not considered.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / 高速カメラ / 圧縮センシング / 像面マルチアパーチャ / / / /  
(英) CMOS image sensor / high-speed image sensor / compressive sampling / focal plane multi-aperture / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 19, IST2017-36, pp. 9-12, 2017年6月.
資料番号 IST2017-36 
発行日 2017-06-16 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2017-06-23 - 2017-06-23 
開催地(和) 東京理科大学 森戸記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2017-06-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 10億枚毎秒を目指す像面マルチアパーチャ方式時間圧縮型CMOSイメージセンサの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 1Gfps temporally compressive CMOS image sensor with forcal plane multi aperture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) 高速カメラ / high-speed image sensor  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressive sampling  
キーワード(4)(和/英) 像面マルチアパーチャ / focal plane multi-aperture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 祐人 / Yuto Sato / サトウ ユウト
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 風大 / Futa Motiduki / モチズキ フウタ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 香川 景一郎 / Keiichiro Kagawa / カガワ ケイイチロウ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ソ ミン ウン / Min-Woong Seo / ソ ミン ウン
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高澤 大志 / Taishi Takasawa / タカサワ タイシ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 安富 啓太 / Keita Yasutomi / ヤストミ ケイタ
第6著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 川人 祥二 / Shoji Kawahito / カワヒト ショウジ
第7著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2017-36 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2017-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会