お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 09:15
電気磁気効果を利用した垂直交換バイアス反転とそのダイナミクス
ティ ヴァン アイン ヌエン白土 優中谷亮一阪大
抄録 (和) Cr2O3を反強磁性層として用いたPt/Co/Au/Cr2O3/Pt積層膜に対して,電場と磁場を同時に印加することによる界面反強磁性スピン反転と,それにともなう交換バイアスの極性反転を明らかにした.また,印加する電圧をパルス電圧とすることで,交換バイアスの極性反転の反転速度について検討することを可能にし,その結果,パルス電圧の強度がDC電圧による閾電圧の2倍となった場合,反転速度が10ナノ秒以下にまで低下できることを示した.本稿では,上記の結果を含めて,著者らが検討してきたCr2O3の電気磁気効果を利用した垂直交換バイアスの等温可逆反転について概説する. 
(英) We investigated the reversal of interfacial uncompensated antiferromagnetic (AFM) spins and accompanying reversal of the perpendicular exchange bias based on the magnetoelectric (ME) effect in Pt/Co/Au/Cr2O3/Pt stacked films in which Cr2O3 acts as a ME AFM layer. We also demonstrate the dynamics of switching by using pulse voltage. In particular, we show that the fast switching below 10 ns is possible by applying pulse voltage with an amplitude above twice of the DC threshold voltage. In this article, we review our recent results on the isotheral reversible perpendicular exchange bias using the ME effect including the above dynamics.
キーワード (和) Cr2O3 / 電気磁気効果 / 交換バイアス / / / / /  
(英) Cr2O3 / Magnetoelectric effect / Exchange bias / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 柏崎エネルギーホール、新潟 
開催地(英) Kashiwazaki energy hall, Niigata 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-MRIS 
会議コード 2017-10-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電気磁気効果を利用した垂直交換バイアス反転とそのダイナミクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Isothremal switching of perpendicular exchange bias using magnetoelectric effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cr2O3 / Cr2O3  
キーワード(2)(和/英) 電気磁気効果 / Magnetoelectric effect  
キーワード(3)(和/英) 交換バイアス / Exchange bias  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ティ ヴァン アイン ヌエン / Thi Van Anh Nguyen / ヴァン アイン ヌエン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白土 優 / YuShiratsuchi / シラツチ ユウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 亮一 / Ryoichi Nakatani / ナカタニ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-MRIS 
資料番号  
巻番号(vol) 41 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会