映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-23 17:15
SCM信号と10Gbpsベースバンド信号のFTTH共存伝送条件の検討
楠 知也NHK技研)・袴田佳孝NHK技術局)・倉掛卓也NHK技研
抄録 (和) 2018年に超高精細度テレビジョン(4K・8K)衛星放送の開始が予定されており,今後も映像信号の大容量化,多チャンネル化が進んでいく.将来的にケーブルテレビFTTH伝送路においても伝送容量の拡大が必要であるため,10Gbpsの大容量伝送が可能な10G-EPON伝送路符号化を活用した10GBB(10G放送型ベースバンド)システムの開発を進めている.今回,既存のSCM(Sub Carrier Multiplexing)伝送方式と10GBB伝送方式の波長多重による共存伝送について検討した.特に,既設のSCM受信設備に変更を加えることなく簡易に共存伝送・マイグレーション可能なシステムを検討し,室内実験により伝送条件を確認した. 
(英) The satellite broadcasting of Ultra high definition television is scheduled to start in 2018, and the capacity of video signals and number of channels will be increasing. In the future, it is necessary to expand the transmission capacity even in the cable television FTTH networks. Therefore, we are developing multi-channel digital broadcasting transmission equipment using 10G-EPON technology. We have considered that the WDM transmission method of the existing SCM (Sub Carrier Multiplexing) signal and the 10Gbps baseband video signal. In particular, we have examined a system that can easily coexistence transmission and migration without any changes of existing SCM receiver premises, and have confirmed the transmission conditions by indoor transmission experiments.
キーワード (和) ケーブルテレビ / FTTH / 4K・8K / 10G-EPON / SCM / 波長多重 / /  
(英) CATV / FTTH / UHDTV / 10G-EPON / SCM / WDM / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 39, BCT2017-90, pp. 45-48, 2017年11月.
資料番号 BCT2017-90 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-OFT IEICE-OCS IEE-CMN BCT  
開催期間 2017-11-23 - 2017-11-24 
開催地(和) 関西大学 梅田キャンパス 
開催地(英) Kansa-Univ. Umeda Campus 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-11-OFT-OCS-CMN-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SCM信号と10Gbpsベースバンド信号のFTTH共存伝送条件の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study for coexistence transmission of SCM and 10Gbps baseband video signals over FTTH networks. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ケーブルテレビ / CATV  
キーワード(2)(和/英) FTTH / FTTH  
キーワード(3)(和/英) 4K・8K / UHDTV  
キーワード(4)(和/英) 10G-EPON / 10G-EPON  
キーワード(5)(和/英) SCM / SCM  
キーワード(6)(和/英) 波長多重 / WDM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠 知也 / Tomoya Kusunoki / クスノキ トモヤ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK技研)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 袴田 佳孝 / Yoshitaka Hakamada / ハカマダ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK技術局)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK Engineering Administration Department)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉掛 卓也 / Takuya Kurakake /
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK技研)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-23 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-90 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会