映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-25 15:05
[ポスター講演]再帰反射素子と複数の反射面を用いた空中結像 (AIRR-MR)
寺島佳希小堀智史小野瀬 翔山本裕紹宇都宮大
抄録 (和) 本発表では,再帰反射による空中結像(aerial imaging by retro-reflection, AIRR)にビームスプリッターを新たに追加した際の効果と各種の応用例を報告する.AIRRは,空中に実像を形成するため,立体使用の眼鏡などの補助装置を使用せずとも空中に浮かぶ映像を提示できる.単純なAIRRの構成では,空中像を表示することのできる位置が限定されてしまう課題があった.今回,追加のビームスプリッターを導入することで,空中像の複数化や,テーブルトップ上の機器の表面への表示など,複数の反射を有するAIRR (AIRR-MR) による空中表示の機能化を実証する. 
(英) This paper shows effects and applications of a new type of aerial imaging technique. Aerial imaging by retro-reflection (AIRR) has been proposed as an aerial image display method that features a wide viewing, a large-size scalability, and a low cost. Although the conventional AIRR can form an aerial image that is popping up without using an auxiliary device such as eyeglasses, there was a problem that the position of the aerial image is limited. This paper proposes aerial imaging by retro-reflection and multiple reflections (AIRR-MR). By introducing an additional beam splitter, we demonstrate aerial display with new functions such as multiple aerial images and display on the surface of an equipment on the table top.
キーワード (和) 空中像 / 3D / AIRR / 再帰反射 / / / /  
(英) Aerial image / 3D / AIRR / Retro-reflection / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 2, IDY2018-1, pp. 29-32, 2018年1月.
資料番号 IDY2018-1 
発行日 2018-01-18 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2018-01-25 - 2018-01-26 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英) Shizuoka Univ., Hamamatsu 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2018-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再帰反射素子と複数の反射面を用いた空中結像 (AIRR-MR) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Aerial imaging by retro-reflection and multiple reflections (AIRR-MR) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空中像 / Aerial image  
キーワード(2)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(3)(和/英) AIRR / AIRR  
キーワード(4)(和/英) 再帰反射 / Retro-reflection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺島 佳希 / Yoshiki Terashima / テラシマ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 智史 / Tomofumi Kobori / コボリ トモフミ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野瀬 翔 / Sho Onose / オノセ ショウ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕紹 / Hirotsugu Yamamoto / ヤマモト ヒロツグ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-25 15:05:00 
発表時間 10 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2018-1 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2018-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会