映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-23 09:00
マイクロ波帯4K・8K用FPUにおけるOFDMパイロットレベルの検討
村瀬健治鴨田浩和NHK)・澁谷一彦NES)・居相直彦今村浩一郎濱住啓之NHK
抄録 (和) 4K・8K番組の生中継に利用するため,4K・8K用のマイクロ波帯番組素材用無線伝送装置(FPU:Field Pick-up Unit)の開発を進めている.筆者らは,偏波MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)および超多値OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)の導入ならびにFFT(Fast Fourier Transform)ポイント数の増加によって伝送容量を拡大させた.それに合わせOFDMフレームのパイロットパターンに現行FPUとは異なるパターンを追加した.本報告では,追加したパターンを含め全てのパイロットパターンに対して改めてパイロットレベルの最適値をシミュレーションにより求めた.移動伝送環境における特性や電力増幅器による非線形特性の影響についても検証を行い,求めたパイロットレベルにより所要C/Nが低減されることを確認した. 
(英) We are developing a microwave link, which we call an FPU (Field Pick-up Unit), that can transmit 4K・8K signals for live remote broadcast. To increase the data rate, a dual-polarized MIMO (Multiple-Input Multiple-Output), an ultra-multilevel OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) and an 8192-point FFT (Fast Fourier Transform) have been introduced. Introducing those technics, new pilot patterns different from the currently used FPU are added to the OFDM frame. In this paper, the optimum amplitudes of the pilots in the OFDM frames are found by computer simulations with AWGN environment. The simulations are also carried out with a mobile channel and with the effect of nonlinear power amplifier and it is found that that the optimum amplitudes found by the simulations with AWGN environment are also valid for the mobile channel and the nonlinear power amplifier.
キーワード (和) FPU / 8K / 4K / スーパーハイビジョン / MIMO / OFDM / パイロット /  
(英) FPU / 8K / 4K / Super Hi-Vision / MIMO / OFDM / Pilot symbol /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 5, BCT2018-34, pp. 41-44, 2018年2月.
資料番号 BCT2018-34 
発行日 2018-02-15 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2018-02-22 - 2018-02-23 
開催地(和) かんぽの宿富山 
開催地(英) Kanponoyado-Toyama 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロ波帯4K・8K用FPUにおけるOFDMパイロットレベルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) OFDM Pilot Levels of Microwave Link for 4K・8K Broadcasting Program Contribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(2)(和/英) 8K / 8K  
キーワード(3)(和/英) 4K / 4K  
キーワード(4)(和/英) スーパーハイビジョン / Super Hi-Vision  
キーワード(5)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(6)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(7)(和/英) パイロット / Pilot symbol  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 健治 / Kenji Murase / ムラセ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鴨田 浩和 / Hirokazu Kamoda / カモダ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澁谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NES)
NHK Engineering System, Inc. (略称: NES)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 浩一郎 / Koichiro Imamura / イマムラ コウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ヒロカズ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-23 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-34 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会