お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-24 14:45
顔形状と肌テクスチャの変化に表れる男性の加齢印象の画像解析に基づく定量的評価
海老沢賢汰中村友昭金子正秀電通大
抄録 (和) 顔の肌の状態と年齢印象との関係について、男性に対する加齢による肌印象の変化に関する研究は少ない。また、現在の加齢印象評価では、アンケート調査(SD法)や美容技士などの専門家の目視による主観評価が一般的である。しかしこれらの方法では、客観的、定量的な評価とは言い難い。本論文では、画像解析によって得られた客観的な特徴パラメータとアンケート調査で得られた主観的な加齢印象スコアの関係を調べ、定量的評価に繋がる特徴パラメータを明らかにし、加齢印象の定量的評価を行う。取得した加齢印象スコアと画像特徴パラメータを重回帰分析し、肌のハリやくすみといった印象を定量化できるようにした。これにより、加齢印象の客観的、定量的な評価を画像解析によって行うことが可能となった。本手法は各個人の肌の評価や美容品等の効果測定、化粧法のアドバイスなどに応用できると考えられる。 
(英) There have been few studies about the change of impression on men’s skin condition caused by aging. In addition, current evaluation methods of aging impression commonly employ a questionnaire survey (SD method) and a subjective visual evaluation by cosmetic technicians. These evaluation methods are not objective and quantitative. This paper investigates the relationship between objective feature parameters obtained by image analysis and subjective aging impression scores obtained by questionnaire surveys. We clarify the feature parameters that can be used in a quantitative evaluation of aging impression. Impressions such as firmness and darkening of skin are quantified by multiple regression analysis of acquired aging impression scores and image feature parameters. The prospective applications of the proposed method are evaluation of each individual, measurement of effects of beauty products, advice on makeup methods, and so on.
キーワード (和) 画像解析 / 主成分分析 / テクスチャ解析 / 加齢印象 / / 顔特徴点 / /  
(英) Image Analysis / Principal Component Analysis / Texture Analysis / Aging Impression / Skin / Facial Feature Point / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 6, ME2018-68, pp. 93-96, 2018年2月.
資料番号 ME2018-68 
発行日 2018-02-17 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2018-02-24 - 2018-02-24 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔形状と肌テクスチャの変化に表れる男性の加齢印象の画像解析に基づく定量的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantitative evaluation of male aging impression appearing in face shape and texture change based on image analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像解析 / Image Analysis  
キーワード(2)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(3)(和/英) テクスチャ解析 / Texture Analysis  
キーワード(4)(和/英) 加齢印象 / Aging Impression  
キーワード(5)(和/英) / Skin  
キーワード(6)(和/英) 顔特徴点 / Facial Feature Point  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海老沢 賢汰 / Kenta Ebisawa / エビサワ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 友昭 / Tomoaki Nakamura / ナカムラ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正秀 / Masahide Kaneko / カネコ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-24 14:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-68 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2018-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会