お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 13:35
視域走査型ホログラフィックディスプレイに対する調節応答の測定
永田裕真高木康博東京農工大
抄録 (和) ホログラフィーは,輻輳と調節の不一致による視覚疲労が生じない理想的な立体表示技術であるといわれている.しかし,電子的なホログラフィーには,視域が狭く,画面サイズが小さいという問題点がある.この問題の解決方法として,われわれは以前に,水平走査型ホログラフィーを提案しており,スクリーン走査型と視域走査型の2種類の構成法が存在する.スクリーン走査型ホログラフィックディスプレイに対する調節応答は既に報告されているが,視域走査型ホログラフィックディスプレイに対する調節応答はこれまでに報告されていない.本研究では,視域走査型ホログラフィックディスプレイに対する調節応答の測定を行ったので報告する. 
(英) Holography is an ideal three-dimensional display technique which does not cause visual fatigue due to the vergence-accommodation conflict. However, the electronic holography has the problem of a narrow viewing zone angle and a small screen size. To address this problem, we have developed the horizontally scanning holographic display techniques. Two types of scanning systems have been developed, such as, the screen scanning type and the viewing-zone scanning type. The accommodation responses to the screen scanning holographic display have already been reported. In this study, the accommodation responses to the viewing-zone scanning holographic display are presented.
キーワード (和) ホログラフィー / 視域走査型ホログラフィックディスプレイ / 調節応答 / / / / /  
(英) Holography / Viewing-zone scanning holographic display / Accommodation / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 9, 3DIT2018-7, pp. 1-4, 2018年3月.
資料番号 3DIT2018-7 
発行日 2018-03-01 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-08 
開催地(和) 東京農工大学小金井キャンパス 工学部講義棟1階L0013教室 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究、及び立体映像技術一般(ヒューマンインフォメーション研究会共催) 
テーマ(英) Ergonomic studies on stereoscopic images and other studies on general categories of stereoscopic 3D image technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2018-03-3DIT-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視域走査型ホログラフィックディスプレイに対する調節応答の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accommodation measurement for viewing-zone scanning holographic display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィー / Holography  
キーワード(2)(和/英) 視域走査型ホログラフィックディスプレイ / Viewing-zone scanning holographic display  
キーワード(3)(和/英) 調節応答 / Accommodation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 裕真 / Yuma Nagata / ナガタ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学大学院工学研究院 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agric. and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学大学院工学研究院 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agric. and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 13:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2018-50,ITE-3DIT2018-7 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2018-03-01,ITE-3DIT-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会