お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 15:35
地上放送高度化技術の研究に用いる大規模実験環境の構築
岡野正寛佐藤明彦白井規之中村円香成清善一中村雅弘鈴木健児佐藤信之NHK)・渡辺 立NHKアイテック)・土田健一中原俊二NHK
抄録 (和) スーパーハイビジョン等の大容量コンテンツを地上放送波で伝送することを目的として,地上放送の高度化技術に関する研究開発が進められている.開発が進められている伝送方式は,誤り訂正符号にLDPC符号,変調に不均一マッピングが適用され,また,FFTポイント数が拡大されていることによりシンボル長がISDB-Tと異なるなど,従来の地上テレビジョン放送とは伝送特性が異なる.筆者らは,開発された伝送方式を実際の放送の形態に近い伝搬環境で評価するため,親局規模の実験試験局を設計し,大規模な実験環境の構築を進めたので報告する. 
(英) Research and Development for Advanced Digital Terrestrial TV Broadcasting System is being carried out for transmitting large-capacity contents such as Super Hi-Vision. The transmission method under development has a longer symbol length than ISDB-T, LDPC code are applied to the error correction code, and non-uniformed mapping are applied to the modulation. This means that the transmission characteristics are different from those of the conventional terrestrial television broadcasting. To evaluate the developed transmission method in an actual propagation environment, we are designing and constructing a large scale experimental environment. In this paper, we describe the detailed specifications of the experimental transmission station.
キーワード (和) 地上テレビジョン放送 / 伝送方式 / 実験試験局 / / / / /  
(英) Advanced DTTB / Transmission method / Experimental station / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 11, BCT2018-49, pp. 47-50, 2018年3月.
資料番号 BCT2018-49 
発行日 2018-03-02 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-09 
開催地(和) 平良港ターミナルビル(宮古島) 
開催地(英) Hirara-Port-Terminal Bldg.(Miyako Island) 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上放送高度化技術の研究に用いる大規模実験環境の構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Large-scale experimental environment for evaluating Advanced Digital Terrestrial TV Broadcasting System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上テレビジョン放送 / Advanced DTTB  
キーワード(2)(和/英) 伝送方式 / Transmission method  
キーワード(3)(和/英) 実験試験局 / Experimental station  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 規之 / Noriyuki Shirai / シライ ノリユキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 円香 / Madoka Nakamura / ナカムラ マドカ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 成清 善一 / Yoshikazu Narikiyo / ナリキヨ ヨシカズ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 名古屋放送局 (略称: NHK)
NHK Nagoya Station (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 雅弘 / Masahiro Nakamura / ナカムラ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健児 / Kenji Suzuki /
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 信之 / Nobuyuki Sato /
第8著者 所属(和/英) 日本放送協会 技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 立 / Ryu Watanabe /
第9著者 所属(和/英) NHKアイテック (略称: NHKアイテック)
NHK Integrated Technology (略称: NHK ITEC)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida /
第10著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 俊二 / Syunji Nakahara /
第11著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-49 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会