映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-26 13:40
Massive MIMO における空間補間を用いたチャネル推定
栗山真純大槻知明慶大
抄録 (和) Massive MIMO (multiple-input multiple-output) は基地局において多くのアンテナを使用する技術で,高度なビームフォーミングや空間多重を実現できる.しかし,その膨大なアンテナ数により,チャネル推定に用いるパイロット信号や,CSI(チャネル状態情報)のフィードバック量が増加するといった問題がある.このオーバーヘッドを減らすため,一部のアンテナからのみパイロット信号を送信し,残りのアンテナのチャネルを,チャネル間の空間相関に基づき補間する手法が存在する.また,補間に必要な計算量を減らす方法として,平面アンテナ配列を縦横の線形方向に分割してチャネルを補間する方法がある。しかし,この方法ではチャネル推定精度がある一定以上に改善されない.本稿では,平面アンテナ配列全体を,いくつかの小さい平面に分割して2次元補間する平面分割補間法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案法は分割しない場合に比べアンテナ数の増加に伴う計算量の増加を抑えつつ,線形分割による従来法よりチャネル補間精度が改善することを示す. 
(英) Massive MIMO (multiple-input multiple-output) is a technology that uses many antennas at the base station, and can realize advanced beamforming and spatial multiplexing. However, since Massive MIMO has many antennas, there exist problems such as the increase of overhead including pilot signals used for channel estimation and feedback of CSI (channel state information). To reduce this overhead, there is a technique of transmitting pilot signals only from some antennas and interpolating channels of the remaining antennas based on spatial correlation between channels of transmit antennas. In addition, to perform interpolation with low computational complexity, there is a method of interpolating channels by dividing the planar antenna array into the vertical and horizontal linear directions. However, this method does not improve channel estimation accuracy more than a certain level. In this report, we propose a method of channel interpolation with dividing the entire planar antenna array into a set of smaller planar arrays. The results demonstrate that the proposed method reduces the computational complexity compared to the case where it is not divided, and that the channel interpolation accuracy improves compared with the conventional one in which the planar array is divided into the linear directions.
キーワード (和) Massive MIMO / 空間相関 / チャネル補間 / / / / /  
(英) Massive MIMO / spatial correlation / channel interpolation / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 23, BCT2018-60, pp. 1-4, 2018年7月.
資料番号 BCT2018-60 
発行日 2018-07-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT HOKKAIDO  
開催期間 2018-07-26 - 2018-07-27 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英) Broadcast Operating Technologies, Transmission & Reception Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-07-BCT-BT-HOKKAIDO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Massive MIMO における空間補間を用いたチャネル推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel estimation using spatial interpolation in Massive MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) 空間相関 / spatial correlation  
キーワード(3)(和/英) チャネル補間 / channel interpolation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗山 真純 / Masumi Kuriyama / クリヤマ マスミ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-26 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-60 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会