映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-27 09:50
LDM方式のFPUへの適用に関する検討と試作
今村和樹穴澤 毅岡田寛正高林 徹深澤知巳TBSテレビ)・小山田真也仲田樹広日立国際電気
抄録 (和) 周波数利用効率の向上に向けた技術の手法の一つとしてLDM(Layaerd Division Mulitiplexing)方式が提案されている.LDMとは同一時間・同一周波数上で複数の信号に対して電力差をつけて電力階層多重する伝送手法であり,ATSC3.0でも規格化されている方式である.今回,シミュレーションによってLDMの特性を示すとともに,FPU(Field Pickup Unit)装置にLDM方式を適用した試作機を用いてLDMの動作原理を確認し,FPU装置のさらなる発展についての可能性を明らかにする. 
(英) LDM (Layaerd Division Mulitiplexing) method has been proposed as one of techniques for improving frequency utilization efficiency. LDM is a transmission method for power hierarchy multiplexing with a power difference for a plurality of signals on the same time and on the same frequency and standardized method also in ATSC 3.0. This time, we show the characteristics of LDM by simulation, confirm the operation principle of LDM using trial produciton with LDM method applied to FPU (Field Pickup Unit) device, and clarify the possibility of further development of FPU device .
キーワード (和) FPU / LDM / 階層分割多重 / / / / /  
(英) FPU / LDM / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 23, BCT2018-69, pp. 39-42, 2018年7月.
資料番号 BCT2018-69 
発行日 2018-07-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT HOKKAIDO  
開催期間 2018-07-26 - 2018-07-27 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英) Broadcast Operating Technologies, Transmission & Reception Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-07-BCT-BT-HOKKAIDO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LDM方式のFPUへの適用に関する検討と試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration and trial production about FPU apply to LDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(2)(和/英) LDM / LDM  
キーワード(3)(和/英) 階層分割多重 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 和樹 / Kazuki Imamura / イマムラ カズキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 TBSテレビ (略称: TBSテレビ)
Tokyo Broadcasting System Television, INC. (略称: TBS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 穴澤 毅 / Takeshi Anazawa / イマムラ カズキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 TBSテレビ (略称: TBSテレビ)
Tokyo Broadcasting System Television, INC. (略称: TBS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 寛正 / Hiromasa Okada / オカダ ヒロマサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 TBSテレビ (略称: TBSテレビ)
Tokyo Broadcasting System Television, INC. (略称: TBS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高林 徹 / Toru Takabayashi / タカバヤシ トオル
第4著者 所属(和/英) 株式会社 TBSテレビ (略称: TBSテレビ)
Tokyo Broadcasting System Television, INC. (略称: TBS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 深澤 知巳 / Tomomi Fukazawa / フカザワ トモミ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 TBSテレビ (略称: TBSテレビ)
Tokyo Broadcasting System Television, INC. (略称: TBS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山田 真也 / Shinya Oyamada / オヤマダ シンヤ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 日立国際電気 (略称: 日立国際電気)
Hitachi Kokusai Electric INC (略称: Hitachi Kokusai Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲田 樹広 / Tatsuhiro Nakada / ナカダ タツヒロ
第7著者 所属(和/英) 株式会社 日立国際電気 (略称: 日立国際電気)
Hitachi Kokusai Electric INC (略称: Hitachi Kokusai Electric)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-27 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-69 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会