映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-25 15:50
[招待講演]レンズレス蛍光イメージングによる細胞のタイムラプス観察
笹川清隆木村文香春田牧人野田俊彦徳田 崇太田 淳奈良先端大
抄録 (和) レンズレス顕微イメージングデバイスは、非常に簡便な光学系で構築され、小型寸法と広視野を両立することができる。しかし、蛍光観察については、励起光除去フィルタ性能が低いという課題があった。これに対し、我々は、デバイスレンズレス蛍光イメージングデバイス用の高性能励起光除去フィルタを開発した。提案フィルタは、干渉フィルタと吸収フィルタから構成されており、それぞれのフィルタの欠点を相補的に補って高い励起光除去性能を実現する。 また、レンズレスの明視野観察手法も適用可能である。本研究では、小型寸法と高い蛍光観察性能を活かし、インキュベータ内での細胞培養時におけるタイムラプス蛍光イメージングが可能であることを実証した。 
(英) Lensless imaging devices enable small device size and wide field-of-view because they can be composed of very simple optics. However, the sensitivity of lensless fluorescence imaging devices have been lower than conventional fluorescence microscopes. This is because the performances of emission filters were low. To solve this problem, we have recently developed a high performance emission filter that can be applied to lensless fluorescence imaging. The proposed filter is composed of interference and absorption filters, that cover their shortcomings each other. Also, bright field imaging techniques for lensless imaging can be applied. In this work, by utilizing the small size and high fluorescence sensitivity, we demonstrate time-lapse fluorescence imaging of culturing cells in an incubate.
キーワード (和) レンズレス蛍光イメージング / タイムラプスイメージング / 細胞培養 / / / / /  
(英) Lensless fluorescence imaging / Time-lapse imaging / cell culture / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 30, IST2018-52, pp. 21-27, 2018年9月.
資料番号 IST2018-52 
発行日 2018-09-18 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2018-09-25 - 2018-09-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) イメージセンサおよび一般 
テーマ(英) Image Sensor , etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2018-09-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レンズレス蛍光イメージングによる細胞のタイムラプス観察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time-Lapse Observation of Cultured Cells by Lensless Fluorescent Imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レンズレス蛍光イメージング / Lensless fluorescence imaging  
キーワード(2)(和/英) タイムラプスイメージング / Time-lapse imaging  
キーワード(3)(和/英) 細胞培養 / cell culture  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 清隆 / Kiytoaka Sasagawa / ササガワ キヨタカ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 文香 / Ayaka Kimura / キムラ アヤカ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春田 牧人 / Makito Haruta / ハルタ マキト
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 俊彦 / Toshihiko Noda / ノダ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 崇 / Takashi Tokuda / トクダ タカシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 淳 / Jun Ohta / オオタ ジュン
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-09-25 15:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2018-52 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.21-27 
ページ数 ITE-7 
発行日 ITE-IST-2018-09-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会