お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 11:35
空間分割位相シフト法を用いた位相多値記録ホログラフィックメモリーのデータの読み出し手法
信川輝吉片野祐太郎室井哲彦木下延博石井紀彦NHK
抄録 (和) 高速・堅牢な位相多値記録ホログラムメモリーを実現することを目的とし,位相多値データの読み出しが可能な,位相格子を用いた空間分割位相シフト法を提案している.本手法では,2枚の位相格子を用いることにより,異なる位相シフト量を有する4枚の干渉縞を面内方向に分散させて同時に生成可能であるため,撮像素子による1度の露光で光波の振幅分布と位相分布を同時に検出することができる.本手法と従来手法である時分割位相シフト法について位相多値データの読み出し実験を行い,検出精度を比較した結果を述べる. 
(英) We have proposed a grating-assisted spatial phase-shifting technique for improving the readout time and the robustness of a multi-phase-level recording holographic memory. With the proposed method, it is possible to create four interference patterns with different phase shifts in parallel. This enables us to simultaneously detect the amplitude and phase distributions of beams in a single exposure. By means of the experimental detection of multi-phase-level data pages, we experimentally evaluated the detection accuracy between the proposed method and the conventional method based on a temporal phase-shifting method.
キーワード (和) ホログラフィックメモリー / 位相シフト法 / 回折光学素子 / 位相多値記録 / / / /  
(英) Holographic memory / Phase-shifting method / Diffractive optical element / Multi-phase-level recording / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 33, MMS2018-49, pp. 35-40, 2018年10月.
資料番号 MMS2018-49 
発行日 2018-10-11 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2018-10-MRIS-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間分割位相シフト法を用いた位相多値記録ホログラフィックメモリーのデータの読み出し手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reproduction method of multi-phase-level recording in holographic memory by using a spatial phase-shifting technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィックメモリー / Holographic memory  
キーワード(2)(和/英) 位相シフト法 / Phase-shifting method  
キーワード(3)(和/英) 回折光学素子 / Diffractive optical element  
キーワード(4)(和/英) 位相多値記録 / Multi-phase-level recording  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 信川 輝吉 / Teruyoshi Nobukawa /
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片野 祐太郎 / Yutaro Katano /
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 室井 哲彦 / Tetsuhiko Muroi /
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 延博 / Nobuhiro Kinoshita /
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 紀彦 / Norihiko Ishii /
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2018-49 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-MMS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会