お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 13:25
ベクションの主観的強度とコンテンツの魅力度の相関関係
井岡良介田中利佳松隈造之妹尾武治九大
抄録 (和) 本実験ではリハビリテーションに用いる映像から引き起こされるベクション(自己移動感覚)が映像の魅力を上昇させ得るかを調べた。結果はベクションの強度と魅力度との間に強い正の相関を示した。 
(英) We examined whether the visual contents that could induce stronger vection (visually induced illusory self-motion perception), could be perceived more attractive as the rehabilitation contents. The results clearly showed that the perceived attractiveness of these contents and the perceived vection strength were highly positively correlated.
キーワード (和) ベクション / リハビリテーション / 魅力度 / コンテンツ / / / /  
(英) vection / rehabilitation / attractivenes / contents / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, pp. 5-6, 2018年12月.
資料番号  
発行日 2018-12-07 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2018-12-14 - 2018-12-15 
開催地(和) 北九州市立大学 小倉サテライトキャンパス 
開催地(英) Kokura Campus, Univ. Kitakyushu 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2018-12-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ベクションの主観的強度とコンテンツの魅力度の相関関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The correlation of vection strength and attractiveness in the rehabilitation videos 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベクション / vection  
キーワード(2)(和/英) リハビリテーション / rehabilitation  
キーワード(3)(和/英) 魅力度 / attractivenes  
キーワード(4)(和/英) コンテンツ / contents  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井岡 良介 / Ryosuke Ioka / イオカ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 利佳 / Rika Tanaka / タナカ リカ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松隈 造之 / Hiroyuki Matsuguma / マツグマ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 13:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 HI2018-60 
巻番号(vol) 42 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.5-6 
ページ数
発行日 2018-12-07 (HI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会