映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のVRPSY研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ヒューマンインフォメーション研究会(HI) [schedule] [select]
委員長 佐藤 雅之 (北九州市大)
担当幹事 永井 岳大 (東京工業大学)

日本バーチャルリアリティ学会 VR心理学研究会(VRPSY) [schedule] [select]
委員長 岡嶋 克典 (横浜国立大学)
幹事 棚橋 重仁 (新潟大学), 寺本 渉 (熊本大学)

日時 2018年12月14日(金) 13:00 - 17:15
2018年12月15日(土) 09:00 - 12:00
議題 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
会場名 北九州市立大学 小倉サテライトキャンパス 
住所 福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目1番1号アミュプラザ小倉西館7階
交通案内 JR小倉駅より直結 アミュプラザ小倉西館7階
http://www.kitakyu-u.ac.jp/access/sattelite_campus.html
会場世話人
連絡先
佐藤 雅之
093-531-2702
お知らせ ◎【懇親会の事前参加申込のお知らせ】
当研究会では、初日14日の研究会終了後に懇親会を開催いたします。
・日時 12月14日(金)19:00から
・参加費(予定) 5,000円(当日集金)
・会場(予定) 別館 味楽(https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40044816/
福岡県北九州市小倉北区京町1-2-10 勝山ビル
小倉駅徒歩3分
準備の都合上、事前申込制とさせていただきますので、参加ご希望の方は【12月10日(月)までに】下記のフォームからお申し込みください。
参加申込フォーム:https://goo.gl/forms/nvQp5XkKKiM1n1sT2
複数名での参加を希望される場合は、お手数ですが人数分だけ繰り返しフォームをご記入・送信してください。
なお、お申込みの後で申込みを取り消したい場合、不明点がある場合などは、HI研究会幹事 永井(itaam)までお知らせください。

  13:00-13:05 開会の挨拶 ( 5分 )
12月14日(金) 午後  セッション1
13:05 - 14:40
(1) 13:05-13:25 網膜像がほぼ同一の視点移動場面と物体移動場面が誘起するベクション強度の検討 佐藤博太郎森本有紀妹尾武治九大
(2) 13:25-13:45 ベクションの主観的強度とコンテンツの魅力度の相関関係 井岡良介田中利佳松隈造之妹尾武治九大
(3) 13:45-14:05 振動によるベクションの増大 ~ 振動の位相と呈示部位の効果 ~ 玉田靖明田中佑樹内山直樹佐藤雅之北九州市大
(4) 14:05-14:25 船舶動揺下の酔い抑制のための映画上映法における視覚的揺れの影響 小川将樹長谷川 光石川亮太江本明弘河合敦夫井須尚紀三重大
  14:25-14:40 休憩 ( 15分 )
12月14日(金) 午後  セッション2
14:40 - 16:15
(5) 14:40-15:20 [招待講演]周辺視における錯視 伊藤裕之九大
(6) 15:20-15:40 VRを用いた心理影響増進手法と催眠感受性の関連について 山口征浩北大)・長谷川明弘東洋英和)・松村雅代BiPSEE)・島田 光光恵会)・荒木健治北大
(7) 15:40-16:00 視野制限法を用いたVR環境における有効視空間の測定 松下大希立命館大)・瀬谷安弘愛知淑徳大)・篠田博之立命館大
  16:00-16:15 休憩 ( 15分 )
12月14日(金) 午後  セッション3
16:15 - 17:15
(8) 16:15-16:35 横顔感情認識の知覚学習 中嶋萌花岡嶋克典横浜国大
(9) 16:35-16:55 質感知覚における課題依存的な知覚学習 永井岳大東工大)・小松柊斗清川宏暁田代知範山内泰樹山形大
(10) 16:55-17:15 拡張現実技術によって提示されたヒト型キャラクターが幼児・児童期の子どもの行動に与える影響 白井 述新大)・佐藤諒子国情大)・伊村知子日女大
  19:00-21:00 懇親会 ( 120分 )
12月15日(土) 午前  セッション4
09:00 - 10:35
(11) 09:00-09:20 QRNNを用いた顔動画像解析による笑顔表情特性の解析と識別に関する研究 北村昂大小谷一孔シリタナワン パーリンヤ北陸先端大
(12) 09:20-09:40 複数のロボットと人との感情インタラクション特性に関する研究 宇佐見浩之小谷一孔シリタナワン パーリンヤ北陸先端大
(13) 09:40-10:00 「決める」会議における参加者の動作の分析 (第3報) 渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
(14) 10:00-10:20 AIRRによる空中ディスプレイにおけるhollow face錯視 ~ 首ふりドラゴンを用いた実物体と空中像における錯視効果の比較 ~ 黒川菜緒八杉公基山本裕紹宇都宮大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
12月15日(土) 午後  セッション5
10:35 - 12:00
(15) 10:35-10:55 腕の印象変化と物体の重さ判断の関係に関する検討 片桐佑一橋本直己電通大
(16) 10:55-11:15 仮想物体の視聴覚変化が素手による把持知覚に与える影響 久米佑太佐藤美恵宇都宮大
(17) 11:15-11:35 能動的自己運動に伴う視覚運動速度が自己運動感覚と身体制御に与える影響 渡久山 遼久方瑠美金子寛彦東工大
(18) 11:35-11:55 物体の心的操作における姿勢の効果 景山 望潜医隊
  11:55-12:00 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
HI ヒューマンインフォメーション研究会(HI)   [今後の予定はこちら]
問合先 永井 岳大 (itaam) 
VRPSY 日本バーチャルリアリティ学会 VR心理学研究会(VRPSY)   [今後の予定はこちら]
問合先 棚橋 重仁 (engi-u


Last modified: 2018-11-19 07:10:11


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[HI研究会のスケジュールに戻る]   /   [VRPSY研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のVRPSY研究会 / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会