お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-17 14:45
空間型拡張現実感のための非剛体形状推定に基づくマーカ検出に関する一検討
宮崎大希橋本直己電通大
抄録 (和) 近年,空間型拡張現実感という実物体の外観を変える映像投影技術が注目されており,投影対象は,静的剛体に限らず動的剛体や非剛体へと拡張されつつある.本研究では,ユーザの着ている衣服へのリアルタイム投影を応用先として想定した動的な空間型拡張現実感の実現を目指す.投影には変形検出が必要であり,強い変形に対応できるマーカベースの手法が有効だが,遮蔽等で検出に必要な観測情報が得られない状況が起こる.そこで,得られている投影対象の部分形状から全体の形状を推定し,未検出状態のマーカの位置を見当づけて探索することで,変形や遮蔽を伴う中での投影を実現する. 
(英) Recently, spatial augmented reality has been used as a method of editing appearance of real objects by using projectors. The projection targets are not only static rigid objects but also dynamic rigid objects, and being non-rigid objects. This research aims to achieve a dynamic spatial augmented reality which can apply real-time projection onto clothes worn. For projection onto non-rigid objects, it is necessary to measure the shape of the targets. Marker-based methods available for handling of strong deformation have been proposed; however, the external occlusions disturb the observation information for them. Therefore, based on the whole target shapes estimated from their parts obtained, we explore the undetected markers, and project onto the targets even deforming or occluded.
キーワード (和) 空間型拡張現実感 / プロジェクションマッピング / 非剛体物体 / / / / /  
(英) Spatial Augmented Reality / Projection Mapping / Non-rigid Object / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 44, ME2018-108, pp. 17-20, 2018年12月.
資料番号 ME2018-108 
発行日 2018-12-10 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME SIP  
開催期間 2018-12-17 - 2018-12-18 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) スポーツ情報処理/解析,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-12-ME-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間型拡張現実感のための非剛体形状推定に基づくマーカ検出に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Marker Detection with Non-rigid Shape Estimation for Spatial Augmented Reality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間型拡張現実感 / Spatial Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) プロジェクションマッピング / Projection Mapping  
キーワード(3)(和/英) 非剛体物体 / Non-rigid Object  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 大希 / Daiki Miyazaki / ミヤザキ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-17 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-108 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2018-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会