映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 14:15
[ポスター講演]アーク3D表示を方向性バックライトとする 積層多眼方式の大画面化に向けたアーク3D表示の改善
古山翔大水科晴樹陶山史朗徳島大
抄録 (和) 積層多眼方式の大画面化に向けて,その方向性バックライトとして用いるアーク3D表示において,点光源を用いた場合でも,平行光と同様な方向性バックライト特性を得ることができる改善方法を明らかにした.アーク3D表示を大画面化するためには,点光源であっても,平行光と同様なアーク3D表示の方向性バックライト特性を実現する必要がある.そこで,輝点の縦線の傾斜化の課題を,アーク3D表示の半径を変化させることで改善できることを明らかにした.また,輝点の横ずれの課題は,アーク3D表示の位置を変化させることで改善できることを明らかにした.これにより,点光源を用いた場合でも,平行光と同様なアーク3D表示の輝点を表示可能にし,本方式を大画面化することが可能なことを実証した. 
(英) For enlargement of the layered multi-view display, our improvement method using a single light source can obtain the same directional backlight characteristics as the parallel light in the Arc 3D display. In order to enlarge the arc 3D display, it is necessary to realize the directional backlight characteristic of the Arc 3D display like the parallel light even by using the point light source. Slanting in vertical line of the bright spots can be improved by changing the radius of the Arc 3D display. The shift of the bright spots in the lateral direction can be improved by shifting the position of the Arc 3D display. Thus, it is possible to display the bright spots of the Arc 3D display like the parallel light even by using the point light source and to enlarge the proposed system.
キーワード (和) 3D / 多眼表示方式 / アーク3D表示方式 / / / / /  
(英) 3D / Multi-view display / Arc 3D display / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 1, IDY2019-7, pp. 29-32, 2019年1月.
資料番号 IDY2019-7 
発行日 2019-01-17 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2019-01-IDY-EID-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アーク3D表示を方向性バックライトとする 積層多眼方式の大画面化に向けたアーク3D表示の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arc 3D Display Improvement as Directional Backlight for Large Layered Multi-View Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(2)(和/英) 多眼表示方式 / Multi-view display  
キーワード(3)(和/英) アーク3D表示方式 / Arc 3D display  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古山 翔大 / Shota Koyama / コヤマ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Mizushina haruki / ミズシナ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / ShiroSuyama / スヤマ シロウ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 14:15:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2019-7 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会