お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 13:40
ボウタイ型メタ表面を用いた広帯域偏波変換の原理に関する検討
野一色崇志福迫 武久世竜司熊本大
抄録 (和) 本研究報告では偏波面を直交させて反射するメタ表面の原理について検討した.このメタ表面はグラウンド板を含む誘電体上にボウタイ型の金属パターンを周期的に配置することで構成されており,その単位セルは縦が1/3波長,横が1/4波長,厚みが1/8波長程度の大きさである.動作周波数の低周波側ではパッチ上の電流とパッチ間のスロットから放射される偏波合成によって,高周波側ではパッチ上の電流によって偏波変換が行われている.具体的な性能については,12x8配列の有限構造で,中心周波数8.5GHz,比帯域36.4%の範囲において95%以上の偏波変換効率を有する. 
(英) In this paper, the authors discuss physical insights of a metasurface that converts polarization orthogonally. The proposed structure consists of periodic unit cell of bow-tie shape which has a length of 1/3 wavelength, a width of 1/4 wavelength, and a thickness of about 1/8 wavelength. Polarization conversion is performed by synthesizing polarization radiated from the slot and currents on the patch at low frequencies. On the other hand, at high frequencies, polarization conversion is performed by polarization due to the current on the patch. 95% or more of the incident wave power is reflected and converted to crossing polarization at right angle in broad bandwidth of 36.4% at 8 GHz.
キーワード (和) 偏波変換 / メタ表面 / 周期構造 / / / / /  
(英) Polarization Conversion / Metasurface / Periodic structure / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 2, BCT2019-2, pp. 5-8, 2019年1月.
資料番号 BCT2019-2 
発行日 2019-01-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 九州産業大 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-01-BCT-KYUSHU-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボウタイ型メタ表面を用いた広帯域偏波変換の原理に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on principle of broadband polarization conversion by bow-tie type metasurface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偏波変換 / Polarization Conversion  
キーワード(2)(和/英) メタ表面 / Metasurface  
キーワード(3)(和/英) 周期構造 / Periodic structure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野一色 崇志 / Takashi Noishiki / ノイシキ タカシ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako / フクサコ タケシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 竜司 / Ryuji Kuse / クセ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-2 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会