お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 14:40
SFNを構築可能とするテレビ中継放送所向けIP伝送装置の開発
田中雅彦光吉俊博田口 誠水口 章NHK
抄録 (和) 地上デジタル放送では放送会館からテレビ中継放送所までのプログラム回線(以下、放送ネットワーク)をマイクロ波等の自営無線回線を用いて構築している。想定を超えるフェージングや降雨減衰などによる伝搬障害の発生に対しては、伝搬路の状況に応じたSD(Space Diversity)受信設備等を整備し、回線の信頼性を高めている。一方、通信事業者によるIP回線はサービスエリアの拡大が進み、テレビ中継放送所でも伝搬障害時のバックアップ回線として利用できる環境が整ってきた。放送ネットワークは周波数の有効利用からSFN(Single Frequency Network)を構築することが多く、IP回線をバックアップ回線として活用するには、SFNに対応したIP伝送装置の開発が必要である。今回、SFNに対応したIP伝送装置を開発し、テレビ中継放送所への設備導入を行い、より信頼性の高い放送ネットワーク構築を実現したので報告する。 
(英) The digital terrestrial television (DTT) network from a TV Studio to a relay station is built using a private radio link such as microwave. In the radio link, propagation failure is caused by fading and rain attenuation exceeding the assumption. Therefore, SD (Space Diversity) reception system etc. is introduced to increase the reliability of the link. In recent years, it has become possible to build IP-VPN from a TV studio to a relay station using public IP network. Most of the DTT networks rely on SFN (Single Frequency Network) technology to utilize the frequency spectrum effectively, and SFNs require accurate synchronization throughout the broadcast network. We developed an IP transmission device that is applicable to SFN, introduced it to DTT network as a backup system, and made it possible to build a more robust network in DTT broadcasting.
キーワード (和) 地上デジタル放送 / SFN / IP回線 / IP伝送装置 / バックアップ / / /  
(英) digital terrestrial television / SFN / IP Line / IP transmission device / backup system / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 2, BCT2019-21, pp. 87-90, 2019年1月.
資料番号 BCT2019-21 
発行日 2019-01-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 九州産業大 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-01-BCT-KYUSHU-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SFNを構築可能とするテレビ中継放送所向けIP伝送装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of an IP transmission device for DTT relay stations enabling construction of SFN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上デジタル放送 / digital terrestrial television  
キーワード(2)(和/英) SFN / SFN  
キーワード(3)(和/英) IP回線 / IP Line  
キーワード(4)(和/英) IP伝送装置 / IP transmission device  
キーワード(5)(和/英) バックアップ / backup system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雅彦 / Masahiko Tanaka / タナカ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光吉 俊博 / Toshihiro Mitsuyoshi / ミツヨシ トシヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 誠 / Makoto Taguchi /
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水口 章 / Akira Mizuguchi /
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-21 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会