お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 13:05
気象データを用いたKa帯マルチビーム型衛星放送システムのビーム制御法の検討 ~ レーダーアメダス降水データの有効性の評価 ~
岩本拓巳藤崎清孝福岡工大
抄録 (和) 高速大容量通信を目指す次世代の衛星放送システムではKa帯(30/20GHz帯)のような高周波数帯の利用が検討されている.しかし,周波数が高いほど降雨による信号減衰が大幅に大きくなるため,次世代衛星放送システムではより高度な降雨減衰補償技術の導入が必須である.本研究ではマルチビーム衛星を用いたKa帯衛星放送システムを対象に,次の時間の降雨がその時間の衛星回線に与える影響を予測し,その結果に従って回線を適応的に制御する手法を検討している.本報告では回線品質予測にレーダーアメダスの実測降水量データあるいは予測降水量データを用いた場合の有効性を評価した結果について報告する. 
(英) In order to achieve higher definition broadcasting, the use of the higher frequency band such as the Ka-band (30/20GHz) is discussed in next-generation of the broadcasting system. However, the degree of the rain attenuation gets large in accordance with the frequency. Therefore, it is necessary to introduce the rain fade mitigation technique. We suggest the Ka-band of the multi-beam satellite broadcasting system in order to maintain the link quality. In the proposed method, first, the following rain effect on the link of each beam is predicted based on the precipitation data of each service area obtained by AMeDAS. Next, the transmission power of several beams is controlled based on the prediction. In this article, the simulation result of the proposed method using the Rader AMeDAS precipitation data or prediction estimation data has been shown.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨補償技術 / AMeDAS / マルチビーム衛星 / / / /  
(英) satellite communication / rain fade mitigation technique / AMeDAS / multi-beam satellite / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 2, BCT2019-17, pp. 71-74, 2019年1月.
資料番号 BCT2019-17 
発行日 2019-01-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 九州産業大 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-01-BCT-KYUSHU-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 気象データを用いたKa帯マルチビーム型衛星放送システムのビーム制御法の検討 
サブタイトル(和) レーダーアメダス降水データの有効性の評価 
タイトル(英) Study of the beam control method of the Ka-band multi-beam broadcasting satellite system using meteorological data 
サブタイトル(英) Evaluation of the effectiveness of Rader AMeDAS precipitation data 
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(2)(和/英) 降雨補償技術 / rain fade mitigation technique  
キーワード(3)(和/英) AMeDAS / AMeDAS  
キーワード(4)(和/英) マルチビーム衛星 / multi-beam satellite  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 拓巳 / Takumi Iwamoto / イワモト タクミ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤崎 清孝 / Kiyotaka Fujisaki / フジサキ キヨタカ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 13:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-17 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会