お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-09 11:30
尻尾型身体拡張デバイス「RESTAIL」の開発
郭 琳三橋研人櫻井 豊下野純治鈴木玄貴樋本 喬鳥居拓馬謝 浩然北陸先端大
抄録 (和) 近年,人の身体を拡張し作業効率や生活の質を向上させる人間拡張技術の研究が盛んであり,身体拡張技術として,ウェアラブルデバイス等が研究開発されている.本研究は, 特に尻尾型身体拡張デバイスに着目し,物理機能を持つ新たなメディア表現手法の開拓を狙っている.既存研究ではメディア表現のための尻尾型デバイスが提案されている.本研究では,メディア表現機能に加えて,携帯椅子としての物理機能を持つ身体拡張デバイス「RESTAIL」を提案する.試作したデバイスは携帯椅子として最大120kgの荷重を支えることができる.また,提案デバイスは使用者の動作に合わせて揺れ動き,新たなメデイア表現を期待できる. 
(英) Human augmented devices have been extensively proposed and developed recently, which are useful in improving the work efficiency and life quality. Among all these techniques, the wearable devices are most important and developed. In this work, we focus on the wearable tail-shaped device with both physical functions and interactive functions as a novel media performance tool. Previous researches of tail-shaped devices only proposed for interaction design. This work proposes RESTAIL, a functional wearable tail-shaped device that can be used as a human-augmented tool as well as a portable chair. The developed prototype can afford 120kg weight, and the tail movements along with users’ motion could be a novel interactive performance.
キーワード (和) 人間拡張 / ウェアラブルデバイス / 携帯椅子 / 尻尾型デバイス / / / /  
(英) Human augmentation / Wearable device / Portable chair / Tail device / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 4, ME2019-8, pp. 21-22, 2019年2月.
資料番号 ME2019-8 
発行日 2019-02-02 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2019-02-09 - 2019-02-09 
開催地(和) 関東学院大学 
開催地(英) Kanto Gakuin University 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 尻尾型身体拡張デバイス「RESTAIL」の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) RESTAIL: Human Augmented Wearable Tail Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人間拡張 / Human augmentation  
キーワード(2)(和/英) ウェアラブルデバイス / Wearable device  
キーワード(3)(和/英) 携帯椅子 / Portable chair  
キーワード(4)(和/英) 尻尾型デバイス / Tail device  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 郭 琳 / Lin Guo / カク リン
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三橋 研人 / Kento Mitsuhashi / ミツハシ ケント
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 豊 / Yutaka Sakurai / サクライ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下野 純治 / Junji Shimono / シモノ ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 玄貴 / Haruki Suzuki / スズキ ハルキ
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋本 喬 / Takashi Himoto / ヒモト タカシ
第6著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥居 拓馬 / Takuma Torii / トリイ タクマ
第7著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 謝 浩然 / Haoran Xie / シャ コウゼン
第8著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-09 11:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2019-8 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.21-22 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-ME-2019-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会