お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-09 13:45
把持物体へのDynamic Projection Mappingのためのロバストな物体追跡手法
森久保優輝サンロレンゾ イウジン橋本直己電通大
抄録 (和) 近年,動的な実物体に対して映像投影を行いその見た目を変化させるDynamic Projection Mapping(DPM)が注目されており,ユーザが自由に把持し動かすことのできる物体への適応が求められている.DPMにはリアルタイムな物体追跡が必要不可欠であり,高速な処理が可能な輪郭に基づく追跡手法が有効であるが,ユーザの手による遮蔽により精度低下が起こってしまう.そこで本研究では,反復的な計算処理により遮蔽による影響を低減することで,物体を把持する手にロバストな追跡手法を実現する. 
(英) Recently, dynamic projection mapping (DPM) which is a projection technique of editing appearance of moving real objects has attracted considerable attention. It is desirable that the targets of DPM is grasped and moved freely by users’ hands. In order to realize DPM, target have to be tracked in real-time and contour-based object tracking is effective method. However, occlusion by users’ hands causes declining accuracy of tracking. Therefore, in this research, we combine iterative calculation with contour-based object tracking to avoid disturbance factor by users’ hand and realize robust tracking.
キーワード (和) Dynamic Projection Mapping / 輪郭ベース物体追跡 / 把持物体 / リアルタイム処理 / / / /  
(英) Dynamic Projection Mapping / Contour-based Object Tracking / Grasped Objects / Real-time Processing / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 4, ME2019-12, pp. 35-38, 2019年2月.
資料番号 ME2019-12 
発行日 2019-02-02 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2019-02-09 - 2019-02-09 
開催地(和) 関東学院大学 
開催地(英) Kanto Gakuin University 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 把持物体へのDynamic Projection Mappingのためのロバストな物体追跡手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robust Object Tracking for Dynamic Projection Mapping on Grasped Objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Dynamic Projection Mapping / Dynamic Projection Mapping  
キーワード(2)(和/英) 輪郭ベース物体追跡 / Contour-based Object Tracking  
キーワード(3)(和/英) 把持物体 / Grasped Objects  
キーワード(4)(和/英) リアルタイム処理 / Real-time Processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森久保 優輝 / Yuki Morikubo / モリクボ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) サンロレンゾ イウジン / Eugene San Lorenzo / サンロレンゾ イウジン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-09 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2019-12 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2019-02-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会