お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-19 16:45
高速道路上での準自動運転機能使用時の運転行動分析の試み
日置幸希近畿大院)・多田昌裕近畿大)・萩原 亨北大)・浜岡秀勝秋田大)・二宮芳樹名大
抄録 (和) 本研究では,準自動運転機能がドライバの運転行動に与える影響や新たな事故リスクが生起する可能性がないか を明らかにすることを目的に,高齢者 15 名と非高齢者 15 名に高 道路上で自動運転レベル 2 の車両を運転してもらい準自動運 転機能使用時におけるドライバの運転行動について,特に安全確認行動の側面から通常運転と比較し解析を行った.その結果, 確認時間では高齢者群,非高齢者群ともに,準自動運転機能使用時の方が有意に長くなる結果となり, 度維持,操舵タスクか ら解放されたドライバが,生まれた余裕を周辺の監視に向ける行動変容をもたらすことが示唆された.また非高齢者群の一部で は準自動運転機能使用時に眠気を感じたと回答する者もおり,時間経過とともに閉眼時間が長くなる傾向が認められた. 
(英) This study aims to investigate how semi-automated driving system affects elderlies and non-elderlies driving behavior from the viewpoint of traffic risks. In our experiment, we let participants (fifteen elderlies and fifteen non-elderlies) drive on expressway using level 2 semi-automated vehicle and measure their driving behavior (e.g. scanning behavior, eye closure ratio) using vision-based sensor. As a result of our experiment, we found out that drivers’ scanning time for checking safety while driving semi-automated vehicle is longer than that of non-automated vehicle. The result indicates that semi-automated driving system could relieve drivers’ steering control / vehicle speed control tasks, this could lead drivers scan around vehicle more carefully. In contrast, our result also shows that three non-elderlies felt drowsy while driving semi-automated vehicle.
キーワード (和) 準自動運転機能 / 運転行動 / 高齢者 / 高速道路 / 眠気 / / /  
(英) Semi-Automated Vehicle / Driving Behavior / Elderly Driver / Expressway / Drowsy Driving / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 5, ME2019-38, pp. 131-134, 2019年2月.
資料番号 ME2019-38 
発行日 2019-02-12 (MMS, HI, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-IE IEICE-ITS MMS HI AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速道路上での準自動運転機能使用時の運転行動分析の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Trial Analysis of Driving Behavior on Expressway using Semi-Automated Vehicle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準自動運転機能 / Semi-Automated Vehicle  
キーワード(2)(和/英) 運転行動 / Driving Behavior  
キーワード(3)(和/英) 高齢者 / Elderly Driver  
キーワード(4)(和/英) 高速道路 / Expressway  
キーワード(5)(和/英) 眠気 / Drowsy Driving  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日置 幸希 / Koki Hioki / ヒオキ コウキ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学大学院 (略称: 近畿大院)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 昌裕 / Masahiro Tada / タダ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 亨 / Toru Hagiwara / ハギワラ トオル
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜岡 秀勝 / Hidekatsu Hamaoka / ハマオカ ヒデカツ
第4著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 二宮 芳樹 / Yoshiki Ninomiya / ニノミヤ ヨシキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-19 16:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-MMS2019-16,ITE-HI2019-16,ITE-ME2019-38,ITE-AIT2019-16 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.131-134 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-MMS-2019-02-12,ITE-HI-2019-02-12,ITE-ME-2019-02-12,ITE-AIT-2019-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会